体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【パリ】在住者が厳選しておすすめ!テイクアウトの美味しいお店4選

サマータイムが始まり、春の陽気のパリ。外で過ごすのが気持ちの良い季節となりました。この時期から夏の終わりまで、天気の良い日には芝生の上で会話を楽しみながらテイクアウトのランチを食べるのがパリジャン流。これからの季節パリに旅行で来られる方におすすめしたい、公園やホテルで食べられるテイクアウトの美味しいお店を紹介します。

L’Avant Comptoirのそば粉のガレット

在住者がおすすめする パリのテイクアウトの美味しいお店

L’Avant Comptoir/ラヴァン・コントワールは予約がなかなか取れないと有名なビストロComptoir/コントワールが経営する立ち飲みワインバー。L’Avant Comptoirではそば粉のガレットの販売もおこなっています。店内には入らず、窓口で注文をするという完全なテイクアウトスタイル。ガレットはハム、生ハム、ソーセージ、卵、エメンタールチーズ、サラダなどから、自由にトッピングを選ぶことができます。

ガレットを焼くのは職人芸。生地をのせると素早く円を書くようにぐるりと広げます。生地がパリパリに焼き上がる手前でチーズやハムなどのトッピングを乗せ、最後にくるくると手で巻いて出来上がり。

在住者がおすすめする パリのテイクアウトの美味しいお店

早速出来立てのガレットをいただいてみました。皮がもちっとしてかなり食べ応えがあります! はみ出たチーズがパリパリとしていて、それがまた美味しいのです。材料はワインバーと同じものを使っているのだとか。素材そのものが絶品で、テイクアウトにするのにはもったいないほど贅沢なガレットです。晴れた日は近くのリュクサンブール公園でのんびりと食べるのもいいですね。

■L’Avant Comptoir
住所:9 Carrefour de l’Odéon, 75006 Paris

■関連記事
日本でも本場の味を。フランスのそば粉のクレープ「ガレット」のおいしい店
http://tabizine.jp/2015/11/04/49100/

L’Avant Comptoirのサンドイッチ

在住者がおすすめする パリのテイクアウトの美味しいお店

フランスでテイクアウトの一番人気はやっぱりサンドイッチ。しかしフランスで美味しいサンドイッチを見つけるのってなかなか難しいのです。パンが美味しくなかったり、中の具材が貧そだったり、サンドイッチを食べてがっかりすることってしばしば。

在住者がおすすめするのはL’Avant Comptoirのサンドイッチです。ガレットと同様、良い素材使っているのが特徴。パンももっちりとしていて美味しいのです。フランスでもなかなか出会えない、具材の美味しさを堪能できるサンドイッチです。

Chez Marianneのファラフェル

在住者がおすすめする パリのテイクアウトの美味しいお店

マレ地区で有名なテイクアウトの料理といえば、ユダヤのファーストフードファラフェル。Rue des Rosiers(ロジエ通り)にはファラフェルのお店が建ち並んでいます。このエリアでおすすめしたいのがChez Marianne/シェマリアンヌのファラフェル。お昼時には列を作るほど、人気のお店のひとつです。

ファラフェルはピタパンにひよこ豆のコロッケ(ファラフェル)、紫キャベツ、揚げ茄子、キュウリなどが入っていて、白ソースをかけていただきます。かなりボリュームがあって、食べ応えのあるファーストフード。エキゾチックなお味ですが、お肉は使わず100%植物性なので日本人の私たちの舌にも良く合います。ヘルシーなのが嬉しいですね。

■Chez Marianne
住所:2 Rue des Hospitalières Saint-Gervais, 75004 Paris

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy