ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPad miniサイズの大きさ!7インチスクリーンの折り畳みスマホをサムスンが来年発売か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サムスンが折りたたみ式のスマホを開発中との噂は以前からある。そして今、それは噂の段階を抜け、商品化が迫っているようだ。

韓国や米国の報道によると、広げると7インチのスクリーンとなる折りたたみ式のスマホの生産を今年中に開始し、来年から販売する計画という。

・閉じると普通サイズ

サムソンでは「Project Valley」と銘打ったプロジェクトで折りたたみ式スマホの開発が進められている。

このスマホは手帳のように通常は閉じた状態で携帯し、使用するときに広げるというタイプ。閉じている時のサイズは現在流通するスマホとほぼ同じだが、広げるとスクリーンは7インチにもなる。

これはiPad miniの大きさに相当し、つまりスマホでありながらタブレット端末のように使えるのが売りとなる。

・OLEDディスプレーの開発に3年

この折りたたみ式スマホの鍵を握るのが、曲げ伸ばしが可能なOLEDディスプレー。この開発にサムスンは3年ほど前から取り組んできたという。

先日、アップルのiPhone販売台数が発売以来、初めて減少したというニュースがあったが、スマホ市場はすでに飽和状態というのが大方の見方だ。そうした中で、この折りたたみ式スマホは新たなマーケットを開拓できるのでは、と期待がかかる。

気になる人はイメージビデオをこちらからどうぞ。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP