体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私たちの知っているウェブの終わり

notHaruki

私たちの知っているウェブの終わり

今回はHajime Kenneth Murakamiさんのブログ『not Haruki』からご寄稿いただきました。

『Facebook』のこと、どれだけ知っていますか。『Faebook』の個人情報の扱い方、 調べたことはありますか。

きっと日本の方は総じてあまりよく知らないんじゃないかと思います。何を隠そう、僕もそうです。けどそんな僕らだからこそ、この記事を読む義務があると思うんです。

だから翻訳しました。インターネットを住まいとする一人の市民として、自分の身を守れるように。

原題:It’s the end of the web as we know it
著者:Adrian Short

自分のドメインを持っているなら、あなたはウェブの一級市民だ。家主で地主だ。 自分のサイトでできることは法と常識にのみ制限される。自分の好きなコンテンツを投稿できる。自分の好きなソフトウェアを走らせれる。カスタマイズされたソフトや自作のものでも大丈夫だ。ビジュアルも自分の意思通りにできる。自分でウェブホスティングサービスと契約しているならいやになったら別のサービスに移ればいい。URLはそのままだからユーザーは気づきもしない。そのサイトは10年たってもそこにあるだろう。100年後にも存在しているかもしれない。

他の誰かのドメインで、他の誰かの有料ウェブサービスを使っているなら、あなたはテナントだ。二級市民だ。 コントロールなんてほとんどない。家主の家具と装飾品と窮屈なルールの下で暮らすしかない。あなたのコンテンツはあなたが支払いを続け、プロバイダが店をたたまない限りはこのURLで存在し続ける。 私の経験からするとそれはあまり長くは続かない。お金を払っている客としてある程度の権利はあるだろうが、大した意味はないだろう。あなたがここを離れた時、データは多分もらえるだろうけど、被リンクは全部失うし、検索エンジンのランキングや多くのユーザーも失うだろう。こういうサービスはあなたが引っ越すその日まではいい条件だと思いやすい。

無料のウェブサービスを使っているなら、あなたは下級市民だ。良くてゲストだ。悪くて乞食だ。ウェブを点々とし、残飯にありつこうとする存在だ。ありきたりだがあえて言おう:「もし対価を払っていないならあなたは客ではなくて商品だ」。あなた個人のアカウントはサービスプロバイダにはほとんど価値がないだろうから、彼らは自分たちの利益のためにサービスをいじったり大々的にサイトを変えたりすることに全く躊躇(ちゅうちょ)しないだろう。嫌ならばどうぞお帰りくださいと言ったところだ。自分のコンテンツやデータは持っていけないかもしれないし、もし持っていけたとしてもあなたのURLは全て壊れているだろう。

ここでの結論は明白のはずだ:もしあなたが自分のサイトのことを本当に大切に思っているなら、自分のドメインを使わないといけない。あなた自身のURLが必要だ。完全に主導権を握ることができ、だれもあなたからあなたのサイトを奪うことはできなくなる。他には誰もいらない。努力すればいずれ報われる 。

だが残念なことに、もはやこんなにシンプルなことではなくなってしまった。

サイトを運営したことのある人なら誰でも知っているだろうが、サイトを作るのとユーザーに見つけてもらうのとは完全に別ものだ。現実世界での立場が小さければ小さいほどこれは難しい。あなたが全国紙やハリウッドスターなら、ユーザーにあなたのサイトに来てもらうのはそう難しいことじゃないだろう。だがもしあなたが自営業の配管工や、空いた時間で記事を書く無名のブロガーなら、これは何倍も難しくなる。

以前はサイトのユーザーは三か所からやってきた:現実世界(広告、名刺、口コミなど)、検索エンジン、そして被リンクだ。あなたがどの分野のどのレベルにいたとしても、公平な条件で似たようなサイトと競争していたわけだ。

だが、ソーシャルネットワークが全てを変えた。ユーザーに新しい情報共有と情報発見のツールを与えることで、今では『Facebook』と『Twitter』が巨大な力を振りかざしている。独立したサイトをリンクと検索エンジンで緩く集めただけの“オープンウェブ”上でこの力を再現することは不可能だ 。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会