ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー/第5回「NYCの食は僕たちが支えている」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニューヨーク在住、TABIZINEライターの青山沙羅です。あらゆる国から人が集まっている、ニューヨーク。この街には集まった人の数だけ、異なる人生があります。世界の大都会を輝かせているのは、この街を目指した人々の希望、絶望、涙、吐息。筆者の心に残る、忘れられないニューヨーカーたちとの出逢いを語ってみましょう。絵空事ではない、あなたが知らないリアルなニューヨーカーとは。

■関連記事
NYで生きていければ、世界中のどこででも生きていける

週末のクラスに、いつものように11時頃入ってきたのはワン(王)君。

授業開始から2時間も経っているので、すでに空いている席はないのですが、手慣れた様子で隣のクラスから自分の椅子を運んできました。

「ミスター・ワン、また今週も遅刻ね!」と先生が叫ぶのも、毎週のこと。そして、自分の席に座って10分もしないうちに、熟睡しているのもいつものことなのです。

中華レストランで働く毎日

彼が座った途端に居眠りするのも仕方のないこと。平日はマンハッタンにある中華レストランのキッチンで、日に15時間以上も働いているのですから。

中華レストランはほとんどが無休、朝早くから深夜まで営業しているところが多いので、忙しいニューヨーカーにはピッタリ。朝粥から、手軽に家で食べられるTo Go(持ち帰り)、夜遊びした後の小腹を満たせるなど使い勝手が良いのです。

1日15ドルの家賃

1日の大半をレストランで働き、食事は店でまかないを食べ、家は寝に帰るだけ。多い時には、日に20時間も働くといいます。家賃の高いニューヨークでは、独身者は住居をシェア(共同で生活すること)している人がほとんどですが、彼もその一人。

「君たちには、僕の生活は想像できないよ」と頭を振りながら語った彼の生活とは、

「家には寝に帰るだけ。1部屋を10人以上でシェアしているけど、ルーメイトは全員飲食店勤務。シフトが違うので、時間差で寝ている。」
「家賃は1日15ドル。」

家賃が日割りとは、何とも中国らしく合理的。ひたすら働く日々なので買い物する時間もなく、個人の荷物はほとんどないそうです。

多くの中国人はこうやって働いて、店を開く

何とも凄まじい生活です。

「若いから出来るんだよ。年をとったら無理。」
「働く時間が長いから、月に5000ドルは稼いでいるよ。」
「アメリカに来る中国人は、こうやってお金を貯めて、自分のレストランを開くのさ。」

疲れているであろうにも関わらず、夢を語る彼の目は生き生きとして、輝いていました。

世界最大級のチャイナタウン

NYCマンハッタンにあるチャイナタウンは、世界最大級であり、何千何百もの飲食店がありますが、ワン君のような人たちが食を支えているのです。

しかしながら、身体を酷使する生活のため、若死する人が多いとも言われます。

【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー/第6回は、5月9日月曜日にお届けいたします。


(C)Hideyuki Tatebayashi
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.

[Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP