体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【超会議】VRホラーゲーム珠玉の3作を体験 想像を絶する恐怖の連続

【超会議】VRホラーゲーム珠玉の3作を体験 想像を絶する恐怖の連続
『PARANORMAL ACTIVITY』を体験している筆者
4月29日(金・祝)から4月30日(土)にかけて行われている、ニコニコを代表するイベント「ニコニコ超会議2016」。

今回は、歌舞伎や野球など新たな試みが豊富ですが、数年前から「ニコニコ超会議」を代表するコンテンツとなっているのが、VR(バーチャル・リアリティ)です。

中でも、筆者・しばたゃんが、ユーザーからメーカーまで、様々な方がつくったVR作品で遊ぶことができる「超VRアトラクションズ」ブースから、強烈なVR体験ができる選りすぐりのホラーゲーム3作品を体験!

『ホラー実体験室 脱出病棟Ω』『HOSPITAL』『PARANORMAL ACTIVITY』の体験レポートをお届けします。

協力して仲間を救って病棟を脱出!

DSC_0165
まず初めに体験したのは、『ホラー実体験室 脱出病棟Ω』。

10月中旬まで、バンダイナムコエンターテインメントが開催しているVRエンターテインメント研究施設「VR ZONE Project i Can」で体験することができる作品です。

車イスに乗った病人となって、襲ってくるゾンビや数々の障害物を乗り越えて病棟から脱出するホラーゲームです。プレイ人数は最大4人まで可能で、マイクを使って仲間と会話をしつつ一緒に行動、時には別行動して楽しむことができます。

「ホラーゲームが苦手な方はプレイお断り」とされている程の怖さで、並ぶや否や、スタッフのお姉さんに「めちゃくちゃ怖いですよ。」と脅されました。

最初は「ホラーゲームなんて余裕っしょ!」だと思っていましたが、自分の順番が近づくにつれドキドキ。手汗が酷くなってきました。

始まる前にゲーム中に表示される名前と性別決め、椅子に座って左手に操作レバー、右手に病棟を照らすライトのコントローラーを掴んでいよいよ開始。先輩編集者のよしださんと一緒に体験しました。

DSC_0148

フィールドは迷路のような病棟になっていて、よしださんと会話しながら協力して脱出を目指します。

別々に行動している時に仲間が驚いてる声が聞こえると、何も起きていない自分自身も怖く感じました。

ゾンビの登場も迫力があり、突然上から現れた時は思わず悲鳴を上げてしまいました。

DSC_0149

その後にもレーダーや刃物を避けて進み終盤へ。

仲間を救出するために片方は進む道を指示、もう片方はその指示に従って進むというような場面があり、よしださんとうまく連携が取れ無事脱出できました。

仲間と一緒に恐怖や嬉しさ、楽しさなどを共有できる上に、リアルじゃできないような恐怖体験もできる内容でした。

実際に歩き回って出口のカギを探して脱出を目指す

reIMGP0114

続いて体験したのは、インディーズエリア唯一のホラーゲーム『HOSPITAL』。

こちらも病院で襲ってくるゾンビをかわして脱出するゲームで、途中にあるカギを拾うことが条件。自分が歩くとゲーム上でも歩くというVRゲームになっています。

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。