体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米T-Mobile、Android 3.2搭載タブレット「Galaxy Tab 10.1」と「SpringBoard」を発表

米T-Mobileは10月10日、HSPA+に対応する4Gタブレットの新機種として「Galaxy Tab 10.1」と「T-Mobile SpringBoard」を発表しました。発売日や価格は発表されていませんが、それぞれホリデーシーズンに合わせて発売されるそうです。リーク資料によると、Galaxy Tab 10.1は2年契約で$399、SpringBoardは2年契約で$199という価格となっています。それぞれAndroid 3.2(Honeycomb)、下り最大21MbpsのHSPA+に対応するタブレット。Galaxy Tab 10.1は10.1インチWXGAサイズのディスプレイ、NVIDIA Tegra 2 1.0GHz(デュアルコア)、Samsung TouchWiz UIを搭載した国際版Galaxy Tab 10.1をベースにしたT-Mobile版といった端末。 T-Mobile TV、Qello、Samsung Media Hub、Asphalt 6: Adrenaline HD demo、SIM City Deluxe demo、Blio eReader、Zinioなどのソフトウェアがプリインストールされています。

T-Mobile SpringBoard with GoogleはHuawei MediaPadのT-Mobile版。7インチWXGAサイズのディスプレイ、Qualcomm Snapdragon S3 1.2GHzデュアルコアを搭載しています。BLOCKBUSTER、Netflix、T-Mobile TVなどの動画サービスアプリ、Blio eReader(電子書籍)、MobileLife Family Organizer powered by Cozi(To-Do管理)、Slacker Radio(ネットラジオ)、TeleNav GPS Navigator(GPSナビ)などのアプリがプリインストールされています。Source : T-Mobile 


(juggly.cn)記事関連リンク
アメアスポーツ、サロモンのトレランシューズ競技者向けスペシャルバージョン「XT Wing S-LAB 4」を発表、10月14日より一部店舗で先行発売
米T-Mobile、Huawei SpringBoard(MediaPad)のプレス画像を公開
2011年9月のBCNランキングが公開、トップ10にソニエリ端末3機種がランクイン

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。