体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「7人乗り」と「防水シート」がキーワード! 少年野球の頼れるパパになるための中古車選び

「7人乗り」と「防水シート」がキーワード! 少年野球の頼れるパパになるための中古車選び ▲暖かい陽気に誘われ、いざ子供とグラウンドへ! せっかくですからお子さんの少年野球を楽しめる最高の1台を探しましょう!

▲暖かい陽気に誘われ、いざ子供とグラウンドへ! せっかくですからお子さんの少年野球を楽しめる最高の1台を探しましょう!

もう開幕しましたよね!? あなたの地域の少年野球

桜も散り春から初夏へ。早くも汗ばむ陽気といったところでしょうか。ということは、いよいよ野球シーズン到来ですね! あなたが住む地域の少年野球も、リーグ戦や大会が始まっていることでしょう。野球に打ち込む少年少女のパパたちの週末も、冬に比べ忙しくなっているのではないでしょうか。

頼りになるパパを目指すなら、子供たちを乗せてグラウンドへ向かう時間を大切に

さてさて、毎週末のお子さんの野球では、車に道具を積み、チームの子供たちを乗せて地元や近郊のグラウンドへ向かいます。いわゆる「車出し」ですね。昔、少年野球をやっていた筆者からすると、少年野球で父親を頼もしいなあと最も感じたのは、車に乗っているときでした。

子供の自分にはできない「車の運転」をして、グラウンドまで自分たちをワープさせてくれる。なんとなくですが、「スゴイな」と思ったものです。少年野球でパパのみなさんが最も活躍するのは、ある意味「車出し」その時なのかもしれませんね。

野球少年・少女のパパがせっかく車を買うなら、この2つを満たすべき

子供に「頼れるパパ」の背中を見せるのに重要な車。もしあなたが車のご購入をお考えなら、週末の少年野球のことを考慮して車を選んでみてはいかがでしょうか?

とはいえ子供の少年野球に全力投球するには、どんなものを買えばいいのでしょう? 満たすべき条件は2つ。それぞれお話ししていきます!

まず1つ目、たくさんの人が乗れること。もちろん10人、20人が乗れなくてはいけないとまではいいません。が、なるべくなら人をたくさん乗せられる車をオススメします。

例えば他の誰かの車がもう満員になってしまったとき、「○○さんの車ならきっと乗れる!」と頼りにされるのはうれしいものですからね。

そして野球の道具も載せられなくてはなりませんから、ある程度ラゲージスペースを含めた室内空間が広く、シートが3列以上ある車をターゲットにしてみてはいかがでしょうか。

2つ目は車内の汚れ対策。野球はどうしてもグラウンドの土やホコリ、汗などでユニホームが汚れてしまうもの。もちろんグローブやスパイク、移動中に履くスニーカーも汚れていることでしょう。

筆者は打撃も守備もダメダメでしたので、子供の頃も真っ白キレイなユニホームのままでしたが、みなさんのチームの子供たちはそうではないはず。ということは、車の中の汚れ対策も考えなくてはなりません。

理想に最も近い車はコレだ!

これまでの条件から導き出したのはコレ。日産 エクストレイル(現行型)。「え、あの車が少年野球向き?」と思った方も、「そもそもどんな車か知らないよ!」という方も、オススメの理由を知れば納得いただけるはずです!

▲ミニバン以外、特にSUVでは意外と珍しい3列シート。少年野球に乗っていく車がSUVでなくてはならないということはありません。が、多くの子供たちを乗せるには2列では心もとない。3列シートは必須といえるはずです

▲ミニバン以外、特にSUVでは意外と珍しい3列シート。少年野球に乗っていく車がSUVでなくてはならないということはありません。が、多くの子供たちを乗せるには2列では心もとない。3列シートは必須といえるはずです

まず条件1つ目、乗車人数と広さ。現行型である2013年デビューの3代目エクストレイルには、5人乗りと7人乗りのモデルがあります。狙うは7人乗りモデル。ミニバン並みの7人という乗車人数であれば、「あの車はあまり人が乗れないしなあ……」と他の親御さんの車を探すことは少ないはずです。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。