ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

太陽光発電のコンテナハウスが“格差”を埋める!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜〜木曜の朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI THINKING THE NEW STANDARD」。毎週水曜はウェブマガジン「greenz.jp」にフォーカスしているこのコーナー。4月27日(水)のオンエアでは、電気のインフラが整っていない地域でも、太陽光発電を利用できるコンテナハウス「Digitruck」を紹介しました。

ソーラーパネルを設置して、電気として活用するには、そのためのインフラが整っていることが必要です。しかし、インフラが整っていない地域を想定して作られた「Digitruck」はアフリカのタンザニアで生まれました。半導体や電子部品などを製造するアメリカの企業と、現地で活動を行うNPO法人によって造られたそうです。

コンテナの外側にはソーラーパネルが貼られ、内側にはそれをエネルギーとして使う装置が備え付けられています。バッテリーも搭載されているため、1日の発電によって数日間は電気を使用することが可能です。

実際のコンテナの中には、ノートパソコン、LEDスクリーン、プリンタ、ハードディスクドライブ、ルーターなどが置かれ、最大18人が同時に勉強することができるコンピュータールームとして使っているとのこと!

この「Digitruck」開発の中心人物であるオリヴィエさんは、プロジェクトの目標について「今もアフリカでは電気が届かない地域が多い。しかし、インフラの有り無しによる暮らしの質の差は、工夫によって埋めることができるんです」と開発の意図を語っていました。

普通なら、太陽光パネルとコンピュータールームを設置するには1億円以上掛かるところ、「Digitruck」を作る費用はなんと10分の1の1千万円で済むそうです。

今後は医療施設も備えた、小さな病院としての利用も期待されているとのこと。世界にどんどん広がっていって欲しいですね!

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP