ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リヨン管のシネマコンサートの演奏曲目変更、映画『ハリー・ポッター』や『スター・ウォーズ』の作品も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月に来日するフランス国立リヨン管弦楽団による【CINEMA MUSIC CONCERT J.ウィリアムズ×S.スピルバーグ】のプログラムの変更が発表された。

 本公演は、フランスを代表するリヨン管弦楽団の来日ツアーにあわせ、東京・大阪のみで行われる特別公演。出演者の強い意向により、さらにJ.ウィリアムズの書いた映画音楽作品等にフォーカスしたプログラムに変更されることとなった。さらに、当初予定されていたスクリーン投影演出はなくなり、かわりに曲間に指揮者レナード・スラットキンによるトークが加わることに。実は、スラットキンの母親はチェリストで映画『ジョーズ』のテーマ曲にも参加している。そのような、ここでしか聞けないような思い出話も、演奏の合間に楽しめそうだ。

◎演奏予定曲目
「フック」から ネヴァーランドへの旅立ち
「ジュラシック・パーク」から テーマ
「ジョーズ」組曲
「シンドラーのリスト」から テーマ
「レイダース 失われたアーク《聖櫃》」から レイダース・マーチ
「E.T.」から 地上の冒険
オリンピック・ファンファーレとテーマ
「ハリー・ポッターと賢者の石」から ハリーの不思議な世界
「未知との遭遇」から 
「スーパーマン」から スーパーマンのマーチ
「スター・ウォーズ」組曲
◎公演概要
大阪公演
2016年6月27日 (月) 19:00 開演 (18:00 開場)
フェスティバルホール
http://www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=554/

東京公演
2016年6月29日 (水) 19:00 開演 (18:00 開場)
NHKホール
http://www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=555/

関連記事リンク(外部サイト)

第69回カンヌ授賞式の放送決定! 出品はグザヴィエ・ドラン、ショーン・ペン、ニコラス・W・レフンの新作など
若手演奏家が一堂に会する【ローム ミュージック フェスティバル】が盛況のうちに終了
東京バレエ団「ラ・シルフィード」が間もなく開幕、「作品や役が醸し出す“香り”を大切にして“表現”を磨き上げたい」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP