ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャガー XFはスポーツセダンとして熟した1台である

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲この価格にしてこのパフォーマンスはお値打ちである。高いシャーシ剛性、ニュートラルよりオーバーぎみのハンドリング。細かな凹凸を瞬時に捉えるサスペンション。ジャーマンスリーでは到底味わえないジャガー特有の軽快で一体感のあるハンドリングが最高だ

スポーツセダンとして。最良ジャガーの機は熟した

天孫降臨の舞台で知られる伊勢志摩で、新型ジャガーXFの2つのモデルに試乗した。ガソリンターボモデルと、もう一台はロイヤルワラントとして日本初登場のディーゼルターボモデルである。どちらも2L4気筒を搭載している。共にラグジュアリーモデルの“Prestige”仕様だ。

インテリアの素材の使い方がとにかく上手だ。特にレザーの張り方は高級感を知り尽くしている。

同グレードでのパワーユニットのみの違いでドライビングがどれほど異なるのかが純粋にわかる。まずガソリンモデルからだ。フラッグシップのXJから4気筒を試し、知見のあるジャガーは、XFがアルミ合金製のシャーシに変更してもラグジュアリーに振る舞うためのデータは十分である。その証拠に4気筒FRとしてはトップクラスな抜群の静粛性だ。3.5Lクラスに匹敵するトルクは極めてジェントルで、急激なトルクの立ち上がりはなく乗りやすい。踏み込んだ時の加速がエンジン回転と同調してガソリンエンジンの真髄を確かめられる。ゆっくり踏み込んでもタービン内の圧力はリニアに追従してトルクを加速に追従させる。ガソリンエンジンはエグゾーストノートも心地良い。

生まれたてのディーゼルモデルはどうだろう。踏み込むと素早い加速であるが凶暴ではない。MI6にもってこいだろう。静粛性はガソリンに劣るが、何処からでも鋭い加速が可能である。中間の追い越し加速にストレスは全くない。これはスポーティだ。乗り心地もガソリン同様で素晴らしい。天の岩戸と伊勢神宮を通る県道を走る。アッパーミディアムセダンであるが軽やかでとにかく小さく感じるのだ。アクセルオンとともにコーナーの最短距離を結ぼうとするハンドリングは高級車でありながら退屈ではない。

▲ボディの75%にアルミニウムを用いた軽量モノコック車体構造を採用。旧型比で最大190kg軽量化、ねじり剛性を最大28%向上させた

▲メーター部に12.3インチ液晶を、センター部には10.2インチタッチスクリーンを採用。ホイールベース延長により後席空間が広くなっている

▲ジャガーらしさを踏襲したフロントデザイン、オーバハングを短くしクーペライクなデザインを強調した。ブランド初のアダプティブ・フルLEDヘッドライトを備える

【SPECIFICATIONS】

■グレード:20d PRESTIGE ■乗車定員:5名

■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1999cc

■最高出力:180/4000[ps/rpm]

■最大トルク:430/1750-2500[n・m/rpm]

■駆動方式:FR ■トランスミッション:8AT

■全長x全幅x全高:4965x1880x1455(mm) ■ホイールベース:2960mm

■車両価格:693万円text/松本英雄

photo/河野敦樹

関連記事リンク(外部サイト)

ジャガー XEはずっと走っていたくなるほどの気持ち良さを持つ車だ
ジャガー XEはずっと走っていたくなるほどの気持ち良さを持つ車だ
ジャガー XEには実力、そして個性が宿っている

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP