ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy C7と見られる「SM-C7000」がGFX Benchサイトで発見される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy C シリーズの一つと予想される「SM-C7000」がベンチマークアプリ GFX Bench の公式サイトに登録されました。今のところ、Galaxy C シリーズがどういう製品ラインになるのかは分かっていませんが、これまでに確認されている SM-C5000 と今回の SM-C7000 は 4GB RAM を搭載していることから、Galaxy S 以外の A / E / J / On シリーズと比較して高いスペックを備えていると見られています。GFX Bench の情報によると、SM-C7000 は 5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 625 2GHz Cortex-A53 オクタコアプロセッサ(Adreno 506 GPU)、3.5GB RAM、24GB ROM、背面に 1,500 万画素カメラ、前面に 700 万画素カメラを搭載しています。Galaxy C シリーズの噂が出始めたころから今までに SM-C5000 と SM-C7000 の情報しかベンチマークのサイトで発見されておらず、まずはこの 2 型番が発表されると見られます。Source : GFX Bench

■関連記事
Android版Google 7.7.0のアップデート内容が公開、新着の表示変更やChromeカスタムタブへの対応など
楽天モバイル、Wi-Fiサービス「楽天モバイル Wi-Fi by エコネクト」「データ復旧サービス」「データ復旧サービス・マカフィー マルチアクセスパック」を提供開始
Galaxy Tab S2のAndroid 6.0.1アップデートが海外で始まる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP