ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OAタップやマルチポートUSB充電器のケーブルの絡まりを防止するアイテム「ケーブルボックス」(100円ショップスマホ便利グッズ第3回)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コンセントや OA タップ周りでごちゃごちゃになっているケーブル類をまとめられる「ケーブルボックス」を 100 円ショップのダイソーで発見しました。100 円ショップのスマホ便利グッズ第 3 回目として紹介します。ケーブルボックスは、一般的な細身の収納ボックスなのですが、両サイドが開いており、ケーブルを通せるようになっています。これは OA タップやマルチポートの USB 充電器を収納することで、裸の状態でありがちなケーブルの絡まりを防止するために開発されました。実際にはこんな感じです。OA タップや USB 充電器のケーブルがケーブルボックスの片方からまとまって出てくるので、OA タップや充電器の周囲でケーブル同士がごちゃごちゃになることを防止できます。意外と便利です。もし不要な場合でも普通の収納ボックスとしても活用できます。購入前に注意すべきことは OA タップのサイズです。写真のケーブルボックスの縦の長さは 20cm 弱なので、コンセント数が多い(5 ~ 6 ポート以上)だと収まりません。なので、収納する OA タップの大きさを考慮してケーブルボックスのサイズを決めるべきです。

■関連記事
Radon : 超音波を使ってWEBリンクを転送する画期的なデバイス間転送アプリ
イオン、スマートフォンで株主総会の招集確認・情報閲覧・議決権行使が行える新サービス「スマホ招集通知」を今期の株主総会で導入
ソフトバンク、Xperia Z4のAndroid 6.0アップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP