ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イオン、スマートフォンで株主総会の招集確認・情報閲覧・議決権行使が行える新サービス「スマホ招集通知」を今期の株主総会で導入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イオンは 4 月 25 日、スマートフォンから同社の株主総会の関連情報を閲覧できる新サービス「スマホ招集通知」を 5 月下旬に予定されている次回の定例株主総会から導入すると発表しました。「スマホ招集通知」は、イオンの投資家向けの新サービスで、ユーザー登録を行うと、株主総会の招集をメールで通知し、開催情報や議案、会場へのアクセスマップを閲覧できるだけではなく、株主総会中には議題に対する議決権を行使できます。イオンによると、このようなスマートフォンで株主総会の招集から情報公開、議決権の行使が行えるのは国内では初の試みとのことです。今後はこのようなサービスが企業主催のイベントなどで続々と導入されていくものと予想されます。ただ、イオンは本サービスの提供方法を明らかにしていません。おそらく、WEB アプリとして提供されると見られます。Source : イオン

■関連記事
ソフトバンク、Xperia Z4のAndroid 6.0アップデートを開始
テッウィンド、Google Play対応の低価格10.1インチタブレット「CLIDE A10A」を発表
Xiaomi、Mi 5と一緒に発表した「Mi 4s」の低価格モデルを開発中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP