ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Chart insight of insight】洋楽ヒットを作るならラジオで勝負? レイチェル・プラッテンとメイヤー・ホーソーン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ビルボード・ジャパンのHot100にチャートインする楽曲は、その大半がシングルとしてリリースされている楽曲だ。「いまどきシングル?」なんていう声もありそうだが、やはりフィジカルでの売上加算は大きく影響してくる。逆にいうと、昨今シングル・カットされることがなくなった洋楽曲は分が悪い。しかしそれでもチャート上位に食い込んでくる楽曲が存在する。

 今週9位にランクインしたのが、レイチェル・プラッテンの「ファイト・ソング」(【表1】。すでにこの曲は全米で大ヒットを記録しており、動画再生数が1億回を突破、ダウンロード数も300万以上というから、日本でもようやくといったところだろう。とはいえ、日本では動画再生数は圏外だしダウンロード数も今週は84位とそれほどではない(紫のグラフ)。ではなぜベスト10に入ったのかというと、完全にラジオでのオンエア回数のおかげだ(緑のグラフ)。4/18付では2位、今週は1位と洋楽では独走状態。いわゆるパワープレイ扱いになっている場合だけでなく、応援歌ということもあって、今回の震災で被災された方へのメセージ代わりにオンエアされていることもあるのかもしれない。いずれにせよ、ラジオ・フレンドリーな楽曲だったことは確かで、ラジオ・プロモーションが効果的だった好例といえるだろう。

 もう一曲、ベスト10入りを狙っているのが、今週25位にランクインしたメイヤー・ホーソーンの「ラヴ・ライク・ザット」(【表2】)。昨年はタキシードというユニットでもブレイクしたが、先日3年ぶりのソロ作『マン・アバウト・タウン』をリリースしたばかり。8月には来日講演も控えている。このポップなソウル・チューンは、たしかにラジオ向けといえるかもしれない。オンエア回数は、4/18付で6位、今週は2位と大健闘している(緑のグラフ)。それ以外の要素はすべて圏外であることを考えると、ラジオでのプロモーションがいかに大切かがわかるだろう。洋楽ヒットを出すのであれば、ラジオに絞って攻めまくるのが、結果を出しやすい作戦なのだ。text by 栗本斉

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN HOT100
HKT48「74億分の1の君へ」初動29万枚で初登場1位、宇多田新曲2曲がトップ10に同時チャートイン
【Chart insight of insight】生き残るアイドルはラジオに強い? 欅坂46と乃木坂46が上位にいる理由。

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP