ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xiaomi、Mi 5と一緒に発表した「Mi 4s」の低価格モデルを開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xiaomi は今年 2 月に「Mi 5」と一緒に発表した「Mi 4s」の低価格モデルを開発しているようです。Mi 4s は、5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの液晶ディスプレイや Snapdragon 808 1.8GHz ヘキサコアプロセッサなどを搭載したミッドレンジモデルで、MWC 2016 では 3GB RAM + 64G ROM の 1 モデルが発表されました。しかし、このほど工信部の認証を取得した Mi 4s には「2GB RAM + 16GB ROM」の記載もあり、この機種の低価格モデルを追加発売するのでは?と予想されています。Mi 4s の 3GB RAM + 64GB ROM モデルは 1,698 元で販売されているので、今回の廉価版はさらに安い価格で投入されると予想されます。ちなみに、メモリ仕様以外の部分は通常版と共通しており、背面に 1,300 万画素カメラ(PDAF 対応)、前面に 500 万画素カメラ、3,260mAh バッテリーを搭載し、デュアル SIM や VoLTE に対応しています。Source : CNMO

■関連記事
テッウィンド、Google Play対応の低価格10.1インチタブレット「CLIDE A10A」を発表
Instagram、Windows 10 Mobile向け公式アプリのベータ版をリリース
Google Chrome OSに隠されたGoogle Playのオプション機能が発見される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP