ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

小沢氏、「尿管結石」で1週間程度入院 医師が説明

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
日本医科大付属病院の本間博医師

 6日夜に腰の痛みを訴え、緊急入院した小沢一郎元民主党代表の病状は、尿管結石であることが明らかになった。小沢氏が搬送された東京・千駄木の日本医科大付属病院は、2011年10月7日午後に記者会見を開き、小沢氏の病状は「左尿管結石」で1週間程度の入院期間と説明した。

 小沢氏は、資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐり、政治資金規正法違反罪で今年1月に強制起訴された。今月6日には東京地裁で初公判に臨み、改めて無罪を主張。緊急搬送されたのは、その当日の夜だった。

 小沢氏の担当医である本間博医師は、小沢氏の病状について「左尿管結石」と説明。今後の治療について、本間医師は「まだ尿管の一部に残っているので、(結石が)排石される時期を点滴等で様子を見ていく」とし、入院期間は「今のところ1週間程度」と話した。

 本間医師によると、小沢氏の様態は現在落ち着いており、受け答えもしっかりし、時おり笑顔も見せているという。小沢氏の次回公判は14日に予定されているが、裁判への影響について本間医師は、「ご本人に伺っていただかないと、私が今申し上げることはかなり困難」と述べた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]小沢氏の病状についての説明から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv66459529?po=news&ref=news#0:01

(山下真史)

【関連記事】
小沢元民主党代表、病院に搬送される
小沢元代表、改めて無罪主張 説明責任たずねた記者に「もうちょっと勉強して」
初公判控えた小沢元代表「政権交代のスケープゴートにされた」
石川議員、公判迎える小沢氏に「必ず疑いの晴れるときが来る。また第一線でがんばってほしい」
『誰が小沢一郎を殺すのか?』著者と小沢氏本人が対談 全文書き起こし

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。