ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年も出た!不動産業界を揺るがす「2020年問題」とは!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オオカミ少年が叫ぶ「オオカミがやってくる!」

人間、ウソをついてはいけない。有名なイソップ物語には、これまた有名な「オオカミ少年」の話があって、「オオカミが来た!」と何度もウソをついた少年は、本当に狼がやってきた時には誰にも信用されませんでした。

「2020年問題」がやってくる!

そして不動産業界では、「2020年問題」が話題になっています。
諸説ありますが、ちょうど東京オリンピックも終われば一段落、人口減少時代の中、「不動産価格が暴落する!」というものです。

諸説というのはそれが住宅価格の暴落だったり、オフィスの賃料の暴落だったり、果ては管理不全からマンション価格が暴落!だったり様々な「派生型」が生まれています。

これらは、
(1)今、起きている社会不安を題材に、
(2)「4-5年後」という人間の予測限界ギリギリの絶妙な将来に、
(3)おぼろげで破局的な終末像をイメージさせる、
こんな共通するプロセスで、キャッチーでもあり不安がよぎる話題を作っているのでしょう。

不動産業界のエージェントといえば、昼間から喫茶店でタバコを吸い、スポーツ新聞を読むのが日常。
不動産取引の決済手続きに立会い、仲介手数料をゲットできる1時間以外は仕事とはみなされません。

そんな喫茶店で「2020年問題」のように様々なバリエーションが生まれる話題は、同業の格好の話のネタになるでしょう。
業界の裏話としてこっそり教えられれば、一般人は「そうなんだ~」とつい信じ、得した気分になってしまいます。

不動産だけではない「2020年問題」

2020年問題は不動産だけではありません。
労働市場でも、教育分野でも、建築業界でも、その他様々な世界で「2020年」問題が語られます。
これらをまとめてつなげると、2020年の日本は、マンション価格は暴落し、街に失業者と老人があふれかえる一方で、IT技術者は極端に不足し、国にプライバシーが丸裸にされ、日本は多くの災害で深刻な不況に見舞われる・・・そんな世界になってしまうのです。

過去にもある「○○年問題」

そういえば、過去にもそんな話がありました。
有名な「2000年問題」というのは、1999年から2000年になるとコンピュータープログラムが一斉に停止して社会が大混乱するという話だったでしょうか。

不動産業界ではこんなものがありました。
・「オフィスビル2003年問題」・・・大規模オフィスビルが続々完成し大幅に空室率が上昇し、賃料が下落する
・「ホテル2007年問題」・・・高級ホテルが次々完成し、ホテルの空室率が極端に上昇し、ホテルが倒産する
・「オフィスビル2010年問題」・・・それまでオフィスで働いていた団塊世代が大量に退職し、オフィススペースが要らなくなる

オオカミ少年の結末は?

人間の英知と努力の賜物か、気をつけて備えたからか、結局、目立った事件は起きなかったように思います。
最近、わたしたちもこの「○○年問題」に慣れて飽きてしまったせいか、インターネット掲示板に「2062年からタイムトリップしてきた未来人が2時間だけ現在にやってきて私たちにそっと未来を教えてくれる」などの変わり種も出てきました。

そして最後に、残念なことに冒頭のオオカミ少年の結末は、本当にやってきた狼に食べられてしまいました。
話半分、真実半分、日々悔いなく生きていくことで、その行く末を見ていこうではありませんか。

(中山 聡/一級建築士・不動産鑑定士)

関連記事リンク(外部サイト)

バブル期上回るマンション価格、その頂点を見極める3つの方法
自称?外国人投資家で見る不動産価格の3つの公式
カジノ誘致が不動産価格に与える影響

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP