体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【6/3公開】滴り落ちる血の一滴にすら、魂が震える。エミネム好き必見『サウスポー』直前レビュー

SOUTHPAW

カメレオン俳優の名を欲しいままにしている、今ハリウッドで最も勢いのある俳優のひとりジェイク・ギレンホール。作中でも序盤・中盤・終盤ではそれぞれ全くの別人のような印象を受ける彼が主演のボクシング映画、『サウスポー』が6月3日(金曜日)から全国で公開される。

今回は公開直前という事で、本作の魅力をエミネム好きの筆者独自の視点からガジェ通読者の皆様にお伝えしたい。
とは言え、絶叫必至のラストシーンは必見。最近流行りの3Dや4DXでないにも関わらず、思わず体が動いてしまうほど躍動感溢れる映像体験ができる。エミネム好きはもとより、「映画館で見るべき映画」の本作は、興味のない人にも是非劇場で体感して欲しいと自信をもってお勧め出来る1本だ。

<あらすじ>
「倒すのは、昨日の自分だった」 彼が左の拳を握る瞬間―その運命が変わる。
リング上で脚光を浴びるチャンピオン、ビリー・ホープ(ジェイク・ギレンホール)。怒りをエネルギーに相手を倒すというスタイルに心配が耐えない妻と娘。その彼の怒りは無情にも妻の死へと繋がってしまう。最愛の妻(レイチェル・マクアダムス)を失くしたビリーは悲しみに暮れる毎日。ボクシングにも力が入らず全てを失ってしまう。愛する娘(ウーナ・ローレンス)までも・・・。そんなビリーは、今は第一線を退き、古いジムを営むトレーナーのティック(フォレスト・ウィテカー)のもとを訪れる。かつて、ビリーが唯一恐れたボクサーを育てた彼に教えを請い、自らの「怒り」を封印することを学んでいくビリー。やがて彼は、過去の自分と向き合うことで闇のなかに光を見出して行く・・・。

ティザーポスター

生易しい映画ではない

SOUTHPAW

結論からいうと、本作は感動のクライマックスを迎えるいわゆる「ヒューマンドラマ」モノである。栄光の頂点にあった主人公が愛する妻を失い、富も名声も一瞬で剥ぎ取られ、遂には唯一の希望であった娘すらも自分の下を去っていく。しかしそのどん底から立ち上がり、奇跡のカムバックを成し遂げるー。文章で表現すると、さもありなんという感じだが、その実この映画ではそこへ至るに辿る道筋は、長く非常な困難を伴うもので生半可なエイガでは無い!ということを声を大にして言いたい。

アントワーン・フークア監督のスピード感あるアクションももちろん健在だ。監督作『イコライザー』でも見せた流れるようなスローモーションが今回も効果的に使用されており、ある意味シンプルな「ボクシング」という格闘技がここまで新鮮に刺激的に感じることが出来るのか!と驚く。それもそのはず、監督自身ボクシング経験者であり、そのリアリティは一級品だ。試合中は勿論、リングの外のトレーニングやジムの様子などもリアリティがある。ビリーの体からほとばしる血しぶきを見れば、疑う余地はないだろう。

1 2 3次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。