ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Suchmos衣装は全身「ジャンブルストア」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE深夜2時の番組「THE KINGS PLACE」。木曜担当のナビゲーターはSuchmos。4月21日のオンエアでは、YONCE(Vo)とTAIKING(Gt)、腹痛で休んだTAIHEI(Key)に代わってKCEE(Dj)が、Suchmos一押しの名盤とジャンブルストアの話で盛り上がりました。

Suchmos一押しの名盤を紹介するコーナー「Suchmos The Essence」。今回の一枚は、D’angeloの「Voodoo」。2000年リリースのセカンドアルバムで、それまでネオソウル主体だった彼が、ファンクを前面に打ち出したのが本作。The RootsのAmir Questlove Thompson、DJ Premier、Lauryn Hillといった豪華なアーティストが、バックアップしている名盤です。そんな本作に生命力を感じる、とメンバーは話します。

YONCE:例えば、ビートルズって逆だなって思ってんの。ビートルズってなんか、超かっこいいし、俺大好きでリスペクトしているけど、ちょっと死の匂いがする音楽。

KCEE:なんか、(命を)すり減らしてる感あるよね。

YONCE:D’angeloはすごい、息吹きって感じなんだよね(笑)。

KCEE:太陽なんだよね。完全に(笑)。なんかさ、D’angeloの曲すべてに言えるのがさ。アフリカの壮大な草原にさ、地平線に太陽が沈んでいく絵! あの絵! 超見えてこない?

メンバーによれば、このアルバムには、狭い部屋で音楽をワイワイやっている所をこっそりマイク取りしたような音がするそうで、「グルーブとはなんぞや?」(KCEE)を物語ってくるアルバムなのだとか。「だまされたと思って一瞬聞いてみ」とYONCE。自ら紹介したいと持ってきたアルバムなのに、いざ喋ると何を話せば良いのかわからなくなってしまう3人。最終的に「一回聴いてみてしか言えないからね〜」(YONCE)と魅力を言葉で伝えきれずもどかしそうでした……。

番組の後半は、Suchmosの日常をゆる〜く紹介する「週刊ヤングサチモ」のコーナー。2回目となる今回は、すでにネタ切れだという3人がひねりだしたテーマ「俺らのジャンブルストア」をお送りしました。

ジャンブルストアは、おしゃれなタイプの古着屋ではなく、衣服専門のいわゆるリサイクルショップ。メンバーはかなり通い込んでいるようで、KCEEは「何年製でどこ産でもうデザインがこれだからこれっ!」とTシャツのタグを見るだけで、その服の特徴がわかるのだとか。また、地元・神奈川県のジャンブルストアは、行きつくして見るものがないほどに。そこで偶然にも全国ツアー中のSuchmos、全国のジャンブルストア巡りは欠かせなかったそうです。なかでも、福岡は思い出深かったようで、天神のジャンブルストアは「大豊作」だったとか。

「Tシャツ1枚が500円のスポットの中から、ZZ Topの91年のツアーTをゲットしました! ありがとう!」(KCEE)。その他にもスラッシャーのTシャツとコンバースのスニーカーを買ったKCEE。YONCEやTAIKINGもジャンブルストアのコーデで、そのままライブステージに上がっているそうです。

そんなジャンブルストアの服で全身きめたSuchmosの全国ツアーも、4月26日の渋谷のワンマンでファイナル。来週はどんな名曲とゆる〜い話が聞けるのでしょうか? お楽しみに。

【関連サイト】
「THE KINGS PLACE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP