ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

動物好き必見!遠隔でペットと遊べモニタリングもできるスマートボール「PlayDate」はスマホと連携

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ペットを飼っている人なら、外出中に愛猫や愛犬がどうしているか気になるもの。

ひとりぼっちで退屈してるかも…と気になって仕方がないという人にうってつけのガジェットがクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。

遠隔から操作して犬や猫と戯れることができる、ペット用スマートボール「PlayDate」だ。

・あちこちに転がせる!

PlayDateはカメラを内蔵していて、専用の無料アプリ(iOS、Android)をダウンロードしたスマホと連携する。

ユーザーはカメラを通して端末でペットの様子を見ることができ、そしてアプリのコントローラーでPlayDateをあちこちに動かすことができる。

と書くと、ロボティックボールSpheroを思い浮かべる人も多いだろう。まさに、PlayDateはそのペット版とも言えるもので、大きな違いはカメラを搭載していること。

ボールは転がすことが前提なので、映像がブレブレになるのではと心配する声もありそうだが、そこは現在特許を出願中の映像安定化テクノロジーが組み込まれているとのこと。

・遊びに夢中のショットも

ボールをただ動かせるだけでなく、撮影(写真・ビデオ)したり、声を双方向で聞いたりすることも可能だ。

なので、出先でペットに話しかけながらPlayDateで遊ぶということができ、愛猫や愛犬の遊びに夢中の写真コレクションが増えていくこと間違いなしだ。

こんなの欲しかった!という人は少なくないようで、Indiegogoではすでに目標額を達成。予定小売価格249ドル(約2万7000円)のところ、現在は129ドル(約1万4000円)〜となっている。

出資は5月19日まで受け付ける。ペットオーナーの読者は要チェック!

PlayDate/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP