ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占インタビュー有】演歌界の大御所とステージ披露⁉ 美川憲一とのコラボ実現に仮面女子が夢実現へ前進

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2016年4月28日(月)アリスプロジェクト常設劇場『P.A.R.M.S』にて、仮面女子と演歌歌手の美川憲一のコラボレーションお披露目発表会が開催された。紅白歌合戦に26回の出場経験を持つ演歌界の大御所・美川憲一が、紅白出場を目指す地下アイドル・仮面女子と融合。“ミカワ仮面”として、名曲『さそり座の女』を仮面女子風にアレンジした『さそり座の女feat仮面女子』を披露した。果たして当日はどのような雰囲気で開催されたのか徹底取材!

演歌界の大御所とコラボする仮面女子とは?


仮面女子について知らない人も少なくないかもしれない。仮面女子とは、大手地下アイドル事務所のアリスプロジェクトが誕生させた最強の地下アイドル。地下アイドルとは、秋葉原をはじめとするライブハウスで活動するアイドルのこと。『アイス十番』『スチームガールズ』『アーマーガールズ』の3ユニットが合体したのが仮面女子。昨年には2015年11月23日にさいたまスーパーアリーナにて仮面女子ワンマンライブを大成功に収めた。

『さそり座の女feat仮面女子』披露で会場中を圧巻


「あんたたち、しっかりよ~」の美川憲一の一声から楽曲『さそり座の女feat仮面女子』がスタート。本家の曲調とはガラッと一転し、アップテンポのBGMで仮面女子メンバーがラップを披露し、観客の鼓膜を振動させた。仮面女子のキレのあるダンスに美川憲一も軽快な身振り手振りでハイテンションな姿を見せる。美川憲一にとって、普段は爽快なアッパーチューンを歌うことが少なかったのか、とても楽しそうな表情で仮面女子とのコラボレーションの舞台をファンに届けた。

▼美川憲一×仮面女子=ミカワ仮面『さそり座の女feat.仮面女子』LIVE ver.

紅白出場に向けて仮面女子メンバーの森カノンが意気込みを語る


美川憲一とのコラボが終わって、仮面女子メンバーの森カノンに独占インタビューを敢行。

――まず美川憲一さんとコラボされて率直な感想をお願いします。

森カノン(以下 カノンちゃん):美川憲一さんと言えば、芸能界の大先輩なので、最初にお話をいただいたときは凄くびっくりしました。そんな美川憲一さんと一緒にお仕事をすると両親に報告をしたらビックリされました。むしろ私より両親が喜んでくれて。少しは家族に対して拍が付いたかな(笑)。

――仮面女子は紅白出場の目標を掲げていますが、もし紅白に出場が決定したらどのような演出をしてみたいですか?

カノンちゃん:私、高所恐怖症なんですけれど、ゴンドラに乗ってみたいです! メンバー全員は乗れないので、出来れば選出されたメンバーで乗ってみたいと思います。

――ちなみに、紅白歌合戦で歌うときに仮面女子のどの曲を歌いたいですか?

カノンちゃん:やっぱりオリコン1位を獲った『元気種☆』ですね!

――最後に、最年長26歳で仮面女子をやられている森カノンさんですが、30歳までに紅白以外で達成してみたい目標などはありますか?(個人的な目標も含めて)

カノンちゃん:個人的な目標は地上波のテレビ番組レギュラーが欲しいです。

――ちなみに、どんな番組ですか?

カノンちゃん:バラエティ番組です。『金曜★ロンドンハーツ』が大好きで、その番組に出たいという目標を持っています!

――ぜひ、地上波のテレビ番組レギュラーの獲得も含めて活動をがんばってください。今日はお忙しいところありがとうございました!

※写真はすべて記者撮影より

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: バラン野島) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP