ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲み頃をスマホでお知らせ!ワイン温度計「Kelvin」がクラウドファンディングに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

同じ銘柄のワインなのに、お店で飲んだときと味が違う。そんな経験は、ないだろうか。

ワインの味は、温度で決まる。ブドウの種類や産地によって、一番おいしく飲める温度が異なるため、それぞれに合った管理をしていかなければならない。しかし、自宅でそんなことをやっていくのは、至難の技。プロ並みの知識と技術がなければ、できない話だ。

そこを肩代わりしてくれるのが、イギリス生まれのワイン温度計「Kelvin(ケルビン)」。飲み頃をスマホで教えてくれる、ワインファン垂涎のデバイスだ。

・ボトルに巻くだけで適温を通知

「Kelvin」は、クリップ型のデバイス。センサーを包む表面材は、クールポリマーという特殊な素材でできており、クリップ自体が冷温の影響を受けないよう設計されている。

これをワインボトルに装着すれば、Bluetoothで専用アプリと連動。あとはワインボトルを、冷蔵庫にしまうだけでいい。ワインの温度は、その都度アプリで確認できるし、一番おいしく飲める状態になると、アラートでスマホに通知される。

・市場のワインの大半を網羅!?

アプリのデータベースには、100種以上のワインの推奨温度を、5℃から18℃までで集約。一般的なリカーショップで扱われる、定番的な銘柄の適温はほとんど網羅している他、銘柄ごとのワインの特徴なども登録されている。つまり、飲みたいと思ったワインの大半は、ことごとく「Kelvin」で対応可能、ということになる。

現在、Makuakeで支援募集中の「Kelvin」。本国で発売中のプロダクトの日本語版を製作するため、今回の出品に至った。

公開は、7月28日まで。プレオーダーは、4,200円から受け付けている。

Kelvin/Makuake

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP