ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゴールデンウィークは「浩養園ビヤガーデン」で一足早く夏の風物詩を味わってみては?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サッポロホールディングスのグループ企業でビヤホール・レストランなどを運営しているサッポロライオンは、4月28日(木)より、愛知県・名古屋市にあるビール園「浩養園(こうようえん)」のビヤガーデンの営業を開始する。

「浩養園」は、滝のある庭園ビヤガーデンとして有名で昭和6年開業、今年6月で85年を迎える。滝が爽快な風を生み出し、並んだ木立が涼やかな空気を作りだす「名古屋の夏の風物詩」として、例年、多くの方がビールを楽しんでいる。

特製味付けラムのジンギスカン、牛肉、豚肉、ウィンナー、野菜の食べ放題に、枝豆、フライドポテト、カレー、ライスなどのおつまみをセット、生ビールをはじめ各ドリンクの飲み放題がついた「ミックスBBQコース(120分税込4500円)」がおすすめなのだとか。なお、28日(木)から6月下旬までは同コースは税込4200円で楽しめる。

浩養園ビヤガーデンは、月~金17:00~22:00、土日祝14:00~22:00の営業でラストオーダーは閉店30分前。食べ放題コースの最終受付は閉店2時間前となっている。

GWは、夏を先取りしてバーベキューと生ビールはいかが?

問い合わせ
浩養園 お客様相談センター
0120-848-136

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP