ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Facebookのライブストリーミングに対応する4Kカメラ「Mevo」は生中継しながら編集が可能!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Facebookが映像のライブストリーミングサービスを開始したのは記憶に新しいところ。

そのサービスに対応するカメラ「Mevo」のプレオーダー受け付けが、このほど299ドル(約3万3000円)で始まった。Facebookで生中継したい、というiOSデバイスユーザーは要チェックだ。

・Moviのリニューアル版

Mevoの開発元、Livestreamは先にカメラ「Movi」を発表していたが、今回Mevoにリニューアルして販売する。

機能は、以前紹介したMovi と大きく変わらないが、Facebookのストリーミングサービスに対応するようになったのが大きい。

社名と同じライブ配信サイトのほか、連携するアプリ(iOS)を使って簡単にFacebookでストリーミングできる。

・リアルタイムに編集

Mevoがすごいのは、生中継しながらアプリで編集もできる点。ピンチズームしたり、ドラッグでカメラを左右に旋回させたりすることが可能で、開発元は「プロのようなライブ中継ができる」とアピールする。

例えば、小さなショップや個人が、顧客や友人向けにデモンストレーションを公開したり、自分の「今」を伝えるビデオレターのようなものを作成したりといった使い方ができる。

・持ち運びも簡単!

テクニカルスペックも、レンズの画角150度、解像度は3840×2160ピクセル、フレームレート30fpsと申し分ない。

加えて、高さ6.3センチ、直径5センチ、重さはわずか130グラムとコンパクトなので持ち運びもラク。さまざまなシーンで活用できそうだ。

iPhoneなら5s以降の最新機種、iOS9〜のソフトウェアで利用できる。

Mevo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP