体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タッチ操作もできるE Inkディスプレイを備えた多機能スマートフォンケース「FlexCase」のコンセプトが公開

Media Interaction Lab がタッチセンサー入りでタッチ操作もできる E Ink ディスプレイを備えた多機能スマートフォンケース「FlexCase」のコンセプトを披露しました。スマートフォンケースにおける E Ink 電子ペーパーディスプレイの採用事例と言えは、InkCase に代表されるサードパーティ製品では単にスマートフォンの表示内容をミラーリングするだけでした。FlexCase は液晶を保護するフリップカバーなのですが、フレキシブルタイプのタッチ & 曲げセンサーを内蔵しておりタッチ操作も可能です。また、蓋の使い方によって電子書籍を読むのに利用する「Book」モード、キーボード入力を可能にする「Desktop」モード、背面タッチを可能にする「Backside」モードと、これまでの E Ink 製品にはかった使い方が可能になります。FlexCase は現在コンセプトの段階にあり、商品化の時期は分かっていません。

■関連記事
Google、Nexus 5 / 6 / 7 / 9にMOB30Dビルドのアップデートを配信開始
NTTレゾナント、goo Simsellerで「Huawei Y6」を発売
InfoLens、スマートフォン向けのVRヘッドセット「STEALTH VR」を4月20日にイオン以外でも発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。