ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プリン体・糖質・人工甘味料ゼロ。だけどアルコールはがっつり9%! シリーズ初の高アルコールRTDが2つのフレーバーで登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫


近頃よく耳にするようになった「RTD」。”Ready to Drink”の略語で、買ったらそのまますぐに飲める缶チューハイやカクテルを指す。様々な種類のアルコールドリンクが自宅で手軽に飲めるとあって、「RTD」の人気は高まる一方だ。

そういった”手軽さ”や”バリエーションの豊かさ”に加え、「RTD」の新しいトレンドは、しっかりとした”飲みごたえ”。6月21日(火)から発売となる「サッポロ 極ZERO CHU-HI ゴクハイ9」も、アルコール度数9%と、まさしく飲みごたえたっぷりの高アルコールRTDだ。

バリエーションは、RTDの王道「レモン」と、健康志向の「トマト」の2種類のフレーバー。シリーズが掲げる「3つのゼロ(プリン体・糖質・人工甘味料ゼロ)」のコンセプトも、ヘルシー飲み派にはありがたい。

夏の訪れを感じさせるフレッシュな味わいは、これからの季節にぴったり!プチプラで酔える「サッポロ 極ZERO CHU-HI ゴクハイ9」をぜひ一度味わってみては?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP