ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

RockChip、Cortex-A72を採用したヘキサコアプロセッサ「RK3399」を披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の半導体メーカー RockChip が Cortex-A72 コアを採用したヘキサコアの新 SoC 「RK3399」を披露しました。RK3399 は CPU に Cortex-A72 x 2 と Cortex-A53 x 4 で big.LITTLE 構成を採用した製品で、RockChip では初の 64bit big.LITTLE プロセッサになります。GPU には ARM Mali-T864 を採用しているので CPU と GPU から Snapdragon 650 クラスの性能を期待できます。また、デュアルポートの USB Type-C、DisplayPort による画面出力、H.265 / VP9 デコード、PCI-Express、HDMI 2.0、8 チャンネルのマイク入力などをサポートしており、Android、Chrome OS、Linux、Windows 10 を動作対象にしています。RockChip のプロセッサは中華タブレットや Android STB、スティック端末で広く採用されているので、今後日本でも発売されるこういった製品は RK3399 の採用でさらに性能が向上し、画面出力などの機能も改善されると予想されます。Source : ARM Devices

■関連記事
Samsung、Galaxyデバイスの3月 & 4月のセキュリティアップデートの詳細を公開
Galaxy S7 edge で“ながら”作業を可能にするマルチタスク機能「スワイプでポップアップを紹介
Samsung SM-C5000(Galaxy C?)は4GB RAMを搭載している模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP