ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HPがバーチャルリアリティ機能を備えた16GB RAMのChromebookを開発しているという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の大手 PC メーカー HP(ヒューレット・パッカード)が 16GB RAM を搭載した Chromebook を開発しているという予想が海外で伝えられていました。これは、先日紹介した 16GB RAM 端末「Chell」におけるその後の情報公開によって、同端末のメインボードベンダーが「Hewlett-Packard」だと判明したからです。

chell: update MAINBOARD_VENDORUpdate MAINBOARD_VENDOR to “Hewlett-Packard”BUG=noneBRANCH=noneTEST=build, boot on chell and execute dmidecode to check Manufacturer is “Hewlett-Packard”

当初、Chell は Pixel シリーズの新型と予想していましたが、ボードベンダーが HP となっているので、HP の Chromebook 製品の可能性があります。また、Chell のソースコードには、「VR config」と呼ばれるバーチャルリアリティ関連の設定が追加されており、Chromebook で VR ヘッドセット向けのゲームなどが利用できる可能性も出てきました。Source : Google グループChromeStory

■関連記事
Android N Developer Preview 2でテキスト読み上げ機能の声の高さが調節可能に
Sony Mobile、近々Xperia Xシリーズの予約受付を開始と告知
Micromaxが指紋リーダー付きの6インチAndroidファブレット「YU Yureka Note」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。