ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SION、約2年振りの3ピース編成でのツアーが終幕&オールタイム・ベストの発売が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年6月21日でちょうど30周年となるSIONが、4月15日に全国ツアー『SION&The Cat Scratch Combo Tour 2016』のファイナルを東京・新宿LOFTで開催。The Cat Scratch Comboはザ・グルーヴァーズのギタリストでもある藤井一彦を中心に、清水義将(ベース)、相澤大樹(ドラムス)による3ピースバンド。この編成によるツアーは約2年振りであった。

ステージは、彼らのライブではおなじみのナンバー「住人」からスタート。藤井のエッジの効いたギターが、SIONのパフォーマンス、歌声を一層際立たせる。新旧織り交ぜたセットリストが続く中、最新アルバム収録の「ONBORO」からラストスパートが始まり、会場中が声をそろえた「新宿の片隅から」〜「マイナスを脱ぎ捨てる」まで、全19曲が終了。

アンコールでは「Happy」「Hallelujah」を披露するも、鳴りやまぬダブルアンコールに応えて再びステージへ。デビュー曲「俺の声」を披露すると会場中、手を高々と挙げて彼らと共に歌うファンの声が溢れた。その高まりはラストの「お前の空まで曇らせてたまるか」でピークに。ほぼMCなしで、述べ全23曲を歌い切った彼の、変わらぬパワーを感じさせてくれるツアー・ファイナルとなった。

そしてこの日、30周年を記念したオールタイム・ベスト『30th milestone』が、6月22日にリリースされることがレーベルサイトで発表となった。LPサイズのスペシャル・ケース(シリアルナンバー付)に入った30周年記念限定盤と、CD2枚組の通常盤の2形態で同時リリースされる。限定盤には貴重な音源を収録した特典CDと、特典DVDが付いて3CD+1DVDという形態になる予定。さらにレアな写真が満載のLPサイズ・ブックレットが封入される。

価格や収録曲目など詳細は、4月21日にテイチクエンタテインメントのホームページで発表される予定だ。

ツアーを終えたばかりだが、SION & The Cat Scratch Comboは4月30日にもARABAKI ROCK FEST.16に参戦することが決定している。さらに8月11日には、夏の風物詩ともなった恒例の日比谷野外音楽堂での公演『SION-YAON 2016 with THE MOGAMI ~Major Debut 30th Anniversary~』も行われる。

【ライブ情報】
『ARABAKIROCK FEST.16』

4月29日、30日 みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく

『SION-YAON 2016 with THE MOGAMI ~Major Debut 30th Anniversary~』

8月11日 日比谷野外大音楽堂 ※雨天決行

開場17:00/開演18:00

<出演>

SION with THE MOGAMI(池畑 潤二 / 細海 魚 / 藤井 一彦 / 清水 義将)





カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP