ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気メールアプリAirmailがiPadに対応!画面分割機能で処理スピードアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Mac愛用者ならご存知、人気のメールアプリAirmailが、ついにiPadに対応するようになった。

今年2月のiPhone版リリースに続くアップデートで、Apple製品ユーザーは端末を問わずシームレスにAirmailを活用できるようになる。

iPadでは新たにスプリットスクリーン(画面分割)を利用でき、ますます便利になっている。

・二本指スワイプ操作も

Airmailの人気の理由は、何と言っても使い勝手の良さ。GmailやiCloud、Yahoo、Outlookなどの複数アカウントを一括管理でき、操作性が良いのも売りだ。

右スワイプ、左スワイプにそれぞれ「既読」「アーカイブ」「スター」「ゴミ箱」といったコマンドを好きなように設定できる。

そして今回のアップデートでは、二本指スワイプで次のメールに行けるようになり、「メール読みました」の“レシート”を発行することもできる。

・ショートカットをカスタマイズ!

また、スプリットスクリーンは画面が大きいiPadならではの新機能。複数画面で作業を進められ、効率が上がること間違いなしだ。

その他、カスタムショートカット、Touch ID、Appleペンシルもサポートしている。

Airmailは、iOS 9以降で利用できる。日本語にも対応しているので、メールの件数が多くてさばききれない、というiOSデバイスユーザーは検討してみてはいかがだろうか。

Airmail

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP