ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

携帯各社、熊本県で発生した地震を受けて共通の無料Wi-Fiサービス「00000JAPAN」を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4 月 14 日に九州・熊本県を震源として発生した大地震を受け、NTT ドコモ、KDDI、ソフトバンクなど携帯各社は通信手段の確保のために、九州全域で公衆無線 LAN サービスを無料開放しました。各社共通の SSID 「00000JAPAN」にアクセスすると Wi-Fi サービスを無料で利用できます。おそらく今回の災害から運用の始まった「00000JAPAN」は、災害用にと各社共通の仕様で提供される無料 Wi-Fi サービスです。SSID は各社とも「00000JAPAN」に設定されており、キャリアやプランなどを気にせずに利用することができます。この SSID は、無線 LAN ビジネス推進連絡会で各事業者が提供している Wi-Fi サービスを大規模な災害が発生した際の通信手段として活用するために統一して提供されています。■ NTT ドコモhttps://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/160415_00_m.html■ KDDI、ワイヤ・アンド・ワイヤレスhttp://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2016/04/15/1740.html■ ソフトバンク(ワイモバイル)http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/info/2016/20160415_01/?ref=rdf

■関連記事
「Moto G4 Plus」と呼ばれるMotorolaスマートフォンの噂が浮上
Sony MobileのSmartBand 2に運動を促す「体を動かそう」機能やSTAMINAモードの自動開始オプション、他のアプリで心拍センサーを利用できる新機能が追加
HTC Connectアプリのアップデートで既存のHTC端末もAirPlayに対応可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP