体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4/15日本初上陸!新宿にオープンのオイスターバー「wharf」で生牡蠣を食す

朝食・ランチもいただけるオイスターバー「wharf」が、新宿NEWoMan内にオープンした。シンガポールのロバートソンキー店・チャイムス店に続く3店舗目として、日本初上陸となる。栄養豊富でヘルシーな牡蠣が、365日いつでも好きなタイミングで食べられる、牡蠣好き女子必見の店舗だ。

オイスターバーwharf

 

情熱のある生牡蠣をつるっといただける贅沢! 貴重な生タイガービールも

店で扱われている牡蠣はすべて国産にこだわっている。牡蠣の生産者と直接話をし、仕入れを決めているそう。養殖に使う筏の角度・波の角度・水深など、味に影響するすべてが計算され、「こんな牡蠣を作りたい」という作り手の情熱が感じられる牡蠣だけが選ばれるのだ。「本日の生牡蠣」(1個518円 税込) 今回は三重県桃取産と、兵庫県坂越産を食べ比べ。シンプルにレモンのみをかけ、専用のフォークを刺していただく。オイスターバーwharf

 

氷の敷き詰められた皿の上でキンキンに冷やされた牡蠣。三重県産は身が詰まっており、少し歯ごたえが感じられた。甘みがあり、生臭さがまったくない。一方、兵庫県産はフワフワした食感が楽しめ、少し塩味があって深い味わい。同じ牡蠣でも、産地や育て方によってこんなに違うとは。どちらもレモン汁だけでつるりとイケる。

オイスターバーwharf

お店の人によると、佐賀県有明産もおススメとのこと。産地はその日の仕入れで変わるので、通うたびに違う牡蠣の味が楽しめるのも店の魅力の一つだ。

s_20160514wharf05 アルコールは、スパークリングワインや日本酒など各種取り扱い豊富。中でもお店のおススメは、世界で愛されるシンガポールの国産ビール、「生タイガービール」だ。「生」で飲めるのは都内でも数軒だけ。左:「シーフードプラッター」(1人前 2,030円 税込)と「生タイガービール」(842円 税込)。

すっきりした味わいで飲みやすい一杯。牡蠣のほかエビやマグロなど海産物が豊富に盛り付けられた店の名物「シーフードプラッター」と共に味わってみよう。

 

朝7時開店でヘルシーな朝食も。3食牡蠣をいただくのもアリ!

バーなのに、店のオープンは朝7時。朝の時間は健康的でリーズナブルな「アジアの朝ごはん」がいただける。「兵庫県産赤穂の海でとれたオイスターチャウダー」(734円 税込)。
1 2 3次のページ
生活・趣味
omotanoの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。