ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“アメリカ風”を意味する「アメリケーヌ・ソース」はパリ生まれ!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリケーヌ・ソースとは、カニやエビなど甲殻類の殻と野菜を炒めてから煮出してダシをとり、そのカニやエビのみそにトマトを加えたオレンジ色のソースのこと。とくにオマールエビの料理に使われることが多くなっていますが、魚介類全般によく合うソースとして知られています。名称の「アメリケーヌ」はフランス語で、訳せば「アメリカ風」。この名称からアメリケーヌ・ソースはアメリカ発祥のソースと思われがちですが、実はフランス発祥のソースなのです。では、なぜ「アメリカ風」という名前がつけられたのでしょうか。

1860年代のナポレオン帝政時代、パリには美食たちが集う「ピーターズ」という人気レストランがありました。オーナーシェフのピエール・フレス氏はアメリカのシカゴのレストランで働いていた経験があり、英語の店名もそれにあやかってつけたものでした。ある日、閉店間際の「ピーターズ」に空腹を訴えるアメリカからの観光客がやってきました。翌日のメニューに使う予定のオマールエビ以外、ほとんど材料はありませんでしたが、フレス氏はそのオマールエビを使って即興で作った料理を提供。この料理が大変に好評で、「この料理の名前は?」と聞かれたとき、フレス氏は「オマールエビのアメリカ風です」と答えたところ、アメリカ人の観光客たちは大喜び。以来、この料理は「ピーターズ」の定番メニューとなり、料理に使われたソースは「アメリケーヌ・ソース」と呼ばれて、フランス料理で広く用いられるようになったそうです。

おすすめのレシピ

ハワイ風 ガーリックシュリンプのレシピ | 料理サプリ

えびのポテト包み揚げのレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

みんな好き? フランスのスイーツ史上、最高に出世したのはコレ!
今日は「パンの日」! ・・・って、4月12日がなぜ「パンの日」になったの?
食べ放題のビュッフェスタイル「バイキング」は海賊とどんな関係!?

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP