体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリーランスになるってどういうこと? ボクは2年ぶりに会社員に戻ります

f:id:kensukesuzuki:20160413161827j:plain

退職エントリーとか古い!(あいさつ)

こんにちは、記憶力の低下にともなってガンガンにポジティブになってきているサワヤマです。いやー世間的に『退職エントリー』って流行ってますよね。あれって面白いんですけど、まあ当たり前っちゃ当たり前ですが前職の人が読んだら微妙だなと思う所もあると思うんスよね。なんで、前職がない状態で『就職エントリー』として書いたらどうなるかって感じで見切り発車してみます。

ゆーても、僕はフリーランスではありましたがエンジニアではなく編集者です。それも、スポーツ系がメインです。普通、あんま食えないと思います。実際、同じような業態でフリーやってる人はそんな多くないです(ライターさんは多い)。でもまあ、そこそこ年商(≠年収)は稼いで来ました、ぶっちゃけ。職業柄、経費がすごく多いんで所得自体はアレですが、年商を多く取ること自体は戦略をきちんと立てればそう難しくないと思います。

なので、これからフリーランスを目指そうって人に「こんな誰もしらんよーなオッサンでも、やり方工夫すれば食っていけるんだ」ってのを示せたらいいと思います。が、まあ参考になろうがなるまいが正直知ったことではありません。だってボク、5月から就職しますし(笑)

何やってきたの?

f:id:kensukesuzuki:20160413162133j:plain

まえがきにも書きましたが、スポーツ系の編集者です。キャリアは12年。うち会社勤めは半分ぐらいで、内訳も正社員・契約社員・常駐の業務委託とバラバラです。

ざっくり言うと、2004年2月に今や『サッカーキング』が有名な会社フロムワンさんに入社。当時はゴリゴリの出版社だったので、紙媒体の編集からキャリアを始めました。その後、携帯サイトの会社を経由してスポーツナビ、livedoorなどに所属したり(上記しましたが正社員だったりそうじゃなかったりです)、合間にフリーでライターやったり翻訳や校正やったり書籍のリライトしたり、有料メルマガを立ち上げて6年間運営したりという感じです。メディア運営の知識は一通り持ってる、と思います。

直近では2014年5月までサッカーの育成年代向けサイトの編集者をやってました。なので、会社勤めに戻るのはちょうど2年ぶりですね。

スポーツ系のフリーってどんな仕事?

f:id:kensukesuzuki:20160413162144j:plain

ちょいちょい言われるのが「選手に会えるの?」「試合タダで見られるの?」「趣味を仕事にするって最高ですね」的なことです。まあ、そういう側面があるのは事実ですが、この仕事ってイメージと実際はだいぶギャップあります。

とにかくね、フィーが安いんですよ(苦笑)。最近こそ、それなりの額を支払ってくれる媒体も出ては来ました。しかしこの12年を振り返ると、マーケットの小ささに加えて出版不況の影響もあって、全体的には報酬は抑えめです。他ジャンルの仕事を平行して受けてきたボクは、そのギャップがよくわかります(笑)。誤解してほしくないのは、媒体側も別に悪意で低くしてるわけじゃなくて、「薄謝で申し訳ない」という姿勢です。ボク自身も、発注するときは心底そう思ってました。

それから、概ね『労働集約型』です。働いた分しかお金が入らないうえ、拘束時間は決して短くありません。

例えばJクラブを取材する番記者さんは、誤差ありますが週3回+週末の試合取材という形です。これだけで結構な拘束時間です。例えば練習取材ですが、練習場って郊外にあることが多いので自宅を7時に出て10時練習開始、12時半からコメント取り、14時ぐらいに選手・監督が全員ハケてから作業開始、16時か17時ぐらいにアップ終えるみたいなのは普通。

試合日はだいたい水曜か土日です。試合2時間前に現地着、2時間の試合を見て(試合自体は90分ですが、ハーフタイムありますから2時間です)、試合後2~3時間はコメント取りや記事執筆に費やします。自宅に戻るのは25時過ぎなんてのもザラ。拘束時間を計算すると、平日は10時間ぐらい、土日でも7~8時間ぐらいなんてこともあります。これだけで、週の総労働時間は40時間ぐらいになるかと思います。

さらに、この練習+試合取材だけで生活費を賄ってる人はほとんどいないんじゃないでしょうか。実際は、取材を通じて得た知識を様々な媒体に書き分けて収入を増やしている人が多いと思います(契約上、それができない人もいます)。

フリーランスの苦労って?

f:id:kensukesuzuki:20160413162202j:plain

ここまでは「スポーツ系媒体で食う」特徴を書きましたが、フリーランスならではの苦労もあります。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。