体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ZTE、古いケータイで広く採用されたキャンディーバータイプのAndroidスマートフォン「ZTE E3」を開発

ZTE が古いケータイで広く採用されたキャンディーバータイプの Android スマートフォン「ZTE E3」を開発していることが判明しました。ZTE E3 は、3.5 インチ 320 × 480 ピクセルの液晶と物理テンキーが縦に並んだフォームファクターを採用しています。こういった形状は 初期の i モード端末時代に多く見られました。最近では、Android ベースのフィーチャーフォンも増えていますが、キャンディーバータイプの Android は私の知る限り、今のところは発売されていません。工信部の認証情報によると、ZTE E3 は Android 5.1、512MB RAM、背面に 200 万画素カメラ、前面に 30 万画素カメラなどを搭載しています。スペックはかなり低いようです。

■関連記事
DMM mobile、「Huawei Y6」の予約受付を開始
上海問屋、送風クーラー付きスマートフォンスタンド「DN-13728」を発売
Google、開発者向けのBLEビーコン管理アプリ「Beacon Tools」をリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。