体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分の脳タイプを知れば、苦手なものがなくなるよ!~マガジンハウス担当者の今推し本『あなたの頭がもっと冴える! 8つの脳タイプ』

脳タイプ

こんにちは、マガジンハウスです。今日は多くのメディアでご活躍中の加藤俊徳先生が、脳タイプを知ることができる最新刊を出されたと聞き、お越しいただきました! 加藤先生といえば、1万人以上の脳のMRI画像を鑑定してきた、脳のスペシャリスト。脳は場所ごとに担う機能が異なることから、その場所を“脳番地”と名付けたことでも有名ですね。たとえば、聞き上手な人の脳画像を見ると、聴覚系の脳番地が特に発達しているなど、脳番地の発達が、その人の個性として現れることを、これまでもわかりやすく解説されてきました。

加藤 「うん、だから未発達な脳番地を発達させると、新しい自分になれる。苦手なことも克服できるんですよ」

――――……と、さらっとおっしゃいますが、まずその「未発達の脳番地」がわかりません(笑)。

加藤 「正確にお知りになりたいなら、うちのクリニックでMRI脳画像診断を受けるのがいちばんですよ」

――――でも……お高いんでしょう~?

加藤 「(笑)なので、今回この本で、簡単に今の自分の“脳の使い方”を調べられる、<『脳タイプ』チェックシート>を作ったんです。8つの脳番地をさらに、「感情」「思考」「情報処理」の3つのエリアに分けて、それぞれがどれぐらい使えているのかをチェックするテストです。

――――そのチェックの結果から、自分の脳の使い方が判定されるわけですね! 

加藤 「はい、今回はその脳の使い方を8タイプに分類しました。簡単に説明すると……」

――――「自分」というものを強烈に持つ【マイペース脳】タイプ、感情よりも理論で考える【アカデミック脳】タイプ、自由をこよなく愛する【クリエイティブ脳】タイプ、縁の下の力持ちとして実力を発揮する【サブリーダー脳】タイプ、なんでもそつなくこなせる【バランス脳】タイプ、誰とでもうまくやっていける【サポーター脳】タイプ、ピカイチの行動力を持つ【ストレート脳】タイプ、ある分野に突出している【スペシャリスト脳】タイプ、の8つですね。それぞれのさらに詳しい説明は本書でご確認ください。

加藤 「そうですね、チェックシートで自分がどの脳タイプに属するのかがわかると、自分はどんな人間なのかがわかりますし、なりたい自分になるためには、それに近い脳タイプの、脳の使い方を真似すればいいんですよ」

_DSC5271


『加藤プラチナクリニック』院長、『脳の学校』代表の加藤先生。脳に興味を持ち医学部を目指したのは、14歳のときだったそう。

――――(数分後)チェックシート、やってみたんですが、かなり難しかったです。というのも、やりながら自分のことがわからなくなっちゃって。たとえば、「手先が器用で、家事やものづくりが得意」という項目。じっくり考えるほど、私ってどっちだったっけ? って悩んじゃいました。

加藤 「あのね、得手不得手で言うと、人間って苦手なことは苦手と思ってないんですよ」

――――えっ、どうして?

加藤 「苦手ということは、その部分の脳番地が発達していないからなので、自覚しにくいんです。そもそも“ない”部分なので、意識しづらい。だから人間は、いくら周囲から欠点だと言われても、なかなかそれを直すことができないんですね」

――――なるほど~。自分より、周りのほうがよく見えてるんですね。ところで先生ご自身は、どの脳タイプと判定されました?

加藤 「僕は、【アカデミック脳】でしたね」

――――ああ、思考と情報処理がとても発達している一方、感情エリアが働いていない(笑)。

加藤 「うん、全部できても1つ苦手なことがあるとコンプレックスになる(笑)。ちなみにこの本の編集をしてくれたマガジンハウスのKさんは、【サブリーダー脳】で、これはすごくよく当たるテストだなあと我ながら感心しました(笑)」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。