ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サクサクふわふわで驚きのおいしさ! てんや初『Wハンバーグ天丼』を食べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

TOP
『天丼てんや』が、なんとハンバーグを“揚げて”しまった天丼『Wハンバーグ天丼~BBQソース』を4月14日より販売。ハンバーグ×天ぷらが織りなす驚きの味わいを、ひと足お先に試食してまいりました。

※すべての画像入りの記事はガジェット通信でご覧ください
http://getnews.jp/archives/1444437

みんな大好きハンバーグが天丼に!! 意外と正統派なおいしさにハマる『Wハンバーグ天丼』

Wハンバーグ天丼

『天丼てんや』では、これまでも若者向けに肉シリーズを展開してきました。「豚天」「鶏天」とすでにあるものから、昨年夏にはこれまでになかった『牛タン天』を開発。そして今回、新たな試みとして、この『ハンバーグ天』は誕生しました。

外はサクッと、中はジューシーに揚げるために、肉の配合と最適な大きさを追求。結果、牛豚合い挽き肉で、小ぶりなサイズのハンバーグになりました。一度焼いたものをお店で揚げています。

『Wハンバーグ天丼』は、そんな『ハンバーグ天』2枚に、いんげん、れんこん、そして半熟卵までも天ぷらにして盛り付けてあります。ただの半熟卵のトッピングは、これまでのメニューにもちょくちょく出ていましたが、『半熟卵天』は2011年以来、約5年ぶりの登場なんだそうです。

たれは、『Wハンバーグ天丼』のために日本食研と共同開発した独自の『BBQソース』を使用。てんやの『天丼のたれ』をかけたあとに“追いがけ”されています。

ハンバーグ

それでは、早速実食に移りましょう。見た目は、そのまんま、衣をまとったハンバーグですね。ほかの天ぷらと盛り付けられていると、意外と馴染んでいるように見えます。しかし、味の想像が全然つかないです。

「油っこそう」「ハンバーグが固いんじゃないの?」などと、思いながら恐る恐る一口食べてみると……あら、おいしい! ふわふわやわらかいハンバーグに衣の食感、初めての味わいです。油っこさやベトベトした感じはなく、衣はしっかりサクサクのまま、中はジューシー。おもしろグルメと思いきや、ハンバーグの良さと天ぷらの良さがしっかりマッチングした、正統派なおいしさです。

メンチカツに近いような気がしますが、メンチカツより軽くて食べやすい印象です。

半熟卵天

そして、『半熟卵天』。サクサク衣と程よく固まった白身、トローリ濃厚な黄味。これだけでご飯が進みますし、ほかの天ぷらと合わせて食べたら最高。お客さんから熱い復活要望があったというのにも納得です。

『半熟卵天』を割って、『ハンバーグ天』と一緒に食べると、まさにロコモコを食べている気分に。しかし、このサクサク感とのコンビネーションはどんなロコモコでも味わえません。

Wハンバーグ天丼 みそ汁付き

フルーティーでちょっぴりスパイシーな『BBQソース』は、『ハンバーグ天』『半熟卵天』にばっちり合うのはもちろんのこと、あっさりとしているので、いんげん、れんこんの天ぷらにも良く合います。海老天やほかの天ぷらにもかけてみたくなるくらい、天ぷらに合ったソースですね。『天丼のたれ』と混ぜ合わせると和と洋のハーモニーが楽しめ、一杯で3度おいしい味わいになっています。

聞いてびっくり、見てびっくり、食べてやっぱりびっくりの『Wハンバーグ天丼』。お持ち帰り用に『Wハンバーグ天丼弁当』もあります。今から6月までしか食べられない期間限定商品ですので、騙されたと思って一度ご賞味あれ!

商品概要

Wハンバーグ天丼~BBQソース
販売期間:4月14日(木)~6月1日(水)予定
価格:676円(税込730円) みそ汁付き
天丼てんや公式サイト:http://www.tenya.co.jp/ [リンク]

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。