体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サブカル好き外国人が殺到中!? キッチュでレトロな新宿のゲームバー「8bit Cafe」

f:id:Meshi2_IB:20160410082124j:plain

「アノ頃」のゲームや音楽、マンガ、アニメがズラリ。

趣味の似た人の集まる店なら、雰囲気が馴染みやすい。そして共通の会話で盛り上がれたらラッキー。そんなコンセプチュアルなカフェやバーが東京には無数に存在している。

たとえば「ゲーム」。現在、ゲームバーと呼べる店は都内だけでも10軒以上。各店舗のコンセプトもバラバラで、マニアックな腕利きのゲーマーが集まるバーやゲームミュージックが中心の店など多様性を帯びている。

細かい趣味に対応した店が選べる便利な世の中になったもんだ……。

そんな中、今回ご紹介するゲームバーの元祖「8bit cafe(エイトビットカフェ)」は2015年で10周年を迎えた息の長い店。ゲームに囲まれて飲み食いできるのは子供の頃の夢という人も多いはず。その夢を現実にかなえてくれるのだ。

f:id:Meshi2_Writer:20160109015937j:plain

店舗のある雑居ビルは、新宿三丁目駅の出口からすぐ。ダッシュすれば雨にほとんど濡れず入店も可!

f:id:hotpepper-gourmet:20160413100502j:plain

お店の目印は緑の「8」の字の看板。しかし新宿らしい風景!

f:id:Meshi2_Writer:20160109015749j:plain

ビルの階段を登って、

f:id:Meshi2_Writer:20160109015728j:plain

登って、

f:id:Meshi2_Writer:20160109020415j:plain

登って、お店のある5階に到着!

f:id:Meshi2_IB:20160307221429j:plain

重い鉄の扉を開けると、店内がお目見え。レトロなゲームやグッズが所狭しと並べられているばかりか、音楽、マンガ、アニメのグッズも豊富で「アノ時代」がぎっしり。BGMではゲームミュージックからチップチューン、テクノや渋谷系などが流れ、’80年代あるいは’90年代にタイムスリップした感覚に陥る。

キャパは20席ほどで、奥にはDJブースも。日によってイベントやライヴも行われ、ゲームカルチャー好きのたまり場となっている。オタクカルチャー寄りではないため、女性も入りやすい雰囲気で、この店からの出会いで結婚したカップルもいるほどだ。

f:id:Meshi2_Writer:20160109015919j:plain

店内の一角はまさに宝の山。ジャイロからヴァーチャルボーイまでレトロゲームの宝庫である。ゲームのみならず、周辺文化までまとめて置かれて、飲みの際の話題に事欠かない。しかし、思い出そうと思っていても名前が思いつかないものが多いなあ……。

f:id:Meshi2_IB:20160307221701j:plain

某国民的ゲームの発売当初に出回っていた販促品の巨大な筐体。今ではなかなかお目にかかれないレアな逸品だが、これを5階まで運んだのもスゴい。本体は改造されていて、別のゲームができるようになっている。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。