ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、虚偽のダウンロードボタンを警告する機能をChromeで提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が最近 Chrome ブラウザにセーフブラウジングの拡張機能として導入すると明らかにした虚偽のダウンロードボタンなどを警告する機能を全ての Chrome バージョンで有効にしたと発表しました。これは、ソーシャルエンジニアリングによる不正な情報取得やアプリのインストールを試みるコンテンツ(広告など)を含んだ WEB ページにアクセスする際に、Chrome が警告を発するというものです。ネット上でアプリや PC ソフトを検索していると、欲しくないアプリやソフトをダウンロードさせる、あるいは個人情報を盗み取ろうとする偽のリンクをダウンロードボタンの張っている広告をたびたび目にしますが、そういった虚偽のダウンロードボタンなどをタップした際にセーフブラウジングが発動し、ユーザーに警告を表示します。Chrome でセーフブラウジングはデフォルト有効なので、基本的には最新の Chrome を利用している限り、今回の機能を利用できることになります。Source : Google

■関連記事
HTC 10はIP53の防滴・防塵に対応
Facebook、メッセンジャーにAIチャットボットを統合
Samsung、Android Nの正式バージョン番号を漏らす

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP