体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界最強のパンツを発見したので報告したい

DSCF9291_R

私、こう見えてパンツ歴42年のベテランで御座います。人生の9割はパンツを履いて過ごして来たと自負しております。

そんな筆者がここ数年、着用率99%を誇る”史上最強のパンツ”を今回は紹介したいと思います。

パンツとはなんぞや?

DSCF9293_R

人がアンダーウェアであるパンツに何を求めるかは、人それぞれかと思いますが筆者は“機能性”を求めます。

無論、デザイン的なモノは良いに越した事はないのですが、パンツはどうせ見せる事も滅多にないので、デザインよりも機能性重視の方が履いている本人が幸せになります。

それではパンツにおける機能性とは何でしょうか?

大事なモノが隠れていれば問題ない気がしないでもないのですが、パンツ道とはそんなに甘いモノではありません。

『ワークマン』で販売されているパンツ『cool work 爽』

DSCF9282_R

というわけで、今回は筆者もちょいちょい利用している働く男(&女)の『ワークマン』で売られている、その名も『cool work 爽』なるパンツ(下着)の紹介で御座います。

パンツにおける機能性は細かい事を言えば色々とありますが、とりあえず全ての使用者にありそうなメリットと言えば

「吸汗速乾性能」

ではないでしょうか? 汗を素早く吸って発散させるということは、汗をかいてもパンツがウェッティーになりにくいいうことで御座います。

DSCF9287_R

こう書くとデスクワーク主体の人には、さしてメリットがないように思われるかもですが、実は違います。人は長時間椅子に座っていても、それなりに汗はかくのです。

しかも!

寒い冬ですら汗はかきます。エアコンが効いていたりすれば僅かながらも汗はかきますし、最近は電車のシートも電気で温めていたりするので、パンツがじっとりする機会は少なくありません。

まして真夏であれば歩いただけでも超暑いしダルいし、挙げ句の果てに履いているパンツまでジットリして来たら、モチベーションダウンなのは否めません。

しかし!

この『cool work 爽』は“ルクレール糸”を使用していて吸汗速乾性能が高いので、滅多に汗でジットリすることはありません。

吸汗速乾性能は洗濯でも有利だぞ!

DSCF9289_R

「まあ、別に普通のパンツでも困ってないし」

と思われる人も少なくないかもですが、それは甘いですね。

これからの季節、梅雨ともなれば洗濯物を室内に干す機会はグッと増えます。そんな時にも『cool work 爽』は大活躍で御座います。

まず、普通のパンツの生地はコットン100%だったりして綿の割合が多いのですが、この『cool work 爽』は綿60%、ポリエステル40%で御座います。

つまり!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy