ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライブカメラマンの橋本塁さん きかっけは“使い捨てカメラ”で撮ったライブ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE平日夜の番組「School TV DREAM TRAIN」(ナビゲーター:秀島史香)。今週はカメラマンの橋本塁さんがゲスト。五夜連続となる第一夜(4月11日)のオンエアでは、橋本さんが“カメラマンとして大事にしていること”について伺いました。

大学卒業後、24歳の時にジーンズのパタンナーから突如カメラマンに転身した橋本さんは、雑誌『ollie magazine』の社員カメラマンを経て、2005年にフリーランスとして独立。これまでにandrop、ストレイテナー、ONE OK ROCK、THE BAWDIES、9mm Parabellum Bullet等、さまざまなアーティストのオフィシャルライブやアー写等を担当されています。そして、ROCK IN JAPAN FESTIVALのメインステージオフィシャルカメラマンでもあります。

まさに大活躍の橋本さんがカメラマンになったのは、あるライブを観に行ったことがきっかけだったそうです。

「16年ほど前に下北沢のシェルター(ライブハウス)に行った時、あるバンドがあまりにも格好良くて、使い捨てカメラで撮ったのが最初ですね」

ロックカメラマンは、やはり人間関係が大事だそうで、普段からいつも撮影しているバンドのメンバーと飲みに行ったり、悩みを聞いたりして、コミュニケーションをとっていると言います。

「それから、撮影の時は初期衝動を感じながら撮ることが大事です。構図や色のことも大事だけど、バンドが発する爆発力、情熱にシンクロしながらパッケージする、その一瞬に懸けています。初期衝動が終わってから撮ったのでは遅いのです。ライブは生もの。何があるかわからないからこそ、コンマ一瞬でもずれないように心がけています」(橋本さん)

一瞬を撮り逃さないようにするためには、事前にどのくらいイメージできているかも大事だそうで、五感をフルに活用しないと務まらないとも!

橋本さんのアツい話は4月15日(金)まで毎夜聞くことができます。今夜もぜひ、お聴き逃しなく♪

【関連サイト】

「School TV DREAM TRAIN」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/dreamtrain/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP