ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「操作する」から「乗る」時代へ!“ヘリコプター式飛行ドローン”、ついに有人飛行に初成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“飛行ドローン”は今や1つのブームになっているが、“無人式でリモートコントロール”するタイプが一般的。

・中に人が乗り込める、“ヘリコプター式飛行ドローン”

そこにくると、ドイツのe-voloが開発している「Volocopter VC200」は一味違う。18の回転翼をもつマルチコプターで、なんと中に人が入って乗り込めるという、まったく新しい“ヘリコプター式飛行ドローン”なのである。

垂直方向に離陸・着陸が可能で、空中滞空も可能だ。

本体はファイバ複合体でできており、総重量は450キログラム。9つの独立バッテリーが、電気モーターや18の回転翼の動力となり、最大速度は時速100キロメートルを誇るという。

・100回以上の無人フライトテストの後、有人飛行へ

「Volocopter VC200」は、3月30日に初有人フライトに成功。

開発チームでは、これまで100回以上の飛行テストをおこなっており、無人リモートコントロールフライトを試してはいたが、有人飛行は今回が初となる。

・操縦も難しくないよう設計

また、この飛行ドローンは、一般の個人利用を目的に企画されているため、操縦も難しくないように設計されているのも大きな魅力。

初フライトでパイロットを務めたAlexander Zosel氏は、空中に浮かび上がり、地上が20~25メートルほど下に見えた風景は、とても荘厳なものに見えたと語っている。

今回のテストフライトでは時速25キロメートル、低空飛行に留まったが、第2フェイズでは時速50キロメートル、中空飛行を、最終フェイズでは最高速度の時速100キロメートル、より高度の飛行テストをする予定だという。

・2年以内に市場投入させたい意向

また、順調に事が運べば、2年以内に市場投入させたい意向とのことだ。実現されれば、個人が趣味で楽しむだけでなく、“飛行タクシー”など公共交通機関のサービスとしての展開も考えられるかもしれない。楽しみである。

e-volo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP