ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鎌倉小町通りを賑わす話題の生チョコレート専門店「鎌倉ca ca o」が都内初出店!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


生チョコレート専門店「鎌倉ca ca o」が、4月15日(金)、新宿NEWoMan 2Fにある「エキナカ・エキソト・フードホール」ゾーン内にオープンする。これが都内初出店となる。生チョコタルトをはじめ、生チョコ、塩チョコバームクーヘンを楽しんでみて。

ca ca oは、チョコレートの本質・カカオにこだわり、コロンビアの産地で大切に育てられた希少カカオ豆で優れた品質のトリニタニオ種をベースに、湘南のチョコレート工場からできたてを届ける。

「鎌倉 ca ca o」は、連日行列ができ、2月のバレンタインでは、旭酒造の「獺祭」とのコラボチョコを販売。全国各地で人気を博したのだとか。

そんなca ca oがオススメするのは、3種の「生チョコタルト」だ。「生チョコ」をベースとしたとろりとなめらかなフィリングと、さっくり焼いたタルト生地がマッチしている。ミルク、ビター、ホワイトの3種で、価格は税込270円となっている。

そのほか、塩チョコバームクーヘンは税込1080円、コーヒービーンズチョコは税込864円、生チョコレート・小町通りの石畳は税込1260円~となっている。

なお、営業時間や定休日は、新宿NEWoMan(8:00~22:00)に準ずるとしている。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP