ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の布文化を見つめなおそう!一枚一枚の布に秘められた物語をひもとく「日本の布ができるまで」展

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本のみならず古くから世界中の人々の暮らしに密接に関わってきた、生活に欠かせない「布」。

日本では布の普及とともに各地でさまざまな技法が生み出されてきました。日本では独自の着物文化が発達し、織り染めの技術は今では世界に誇れるものとなっています。

そんな日本の布文化に注目した展覧会はOpen MUJI Tokyoで開催されています。『日本の布ができるまで』展 は日本の一枚一枚の布に秘められた物語をひもとき、その魅力の源泉を紹介する展覧会。布作りに携わる人たちを紹介し未来に続くものづくり、感じのよい暮らしを考えていきます。

無印良品 有楽町 Open MUJI Tokyo 日本の布ができるまで展

近年では布は国外で生産されたものが使用されることが多くなり価格競争が激しくなっていたり、国内の現場では後継者問題も起こっており、国内の布づくりを取り巻く環境は年々厳しくなっています。

『日本の布ができるまで』展 では関連イベントも多数開催される予定なので、布に対する人々のさまざまな声を聞きながら、今後の日本の布文化を考えてみるとてもいい機会になりそうです。

関連イベントはトークイベントやワークショップなど様々。事前予約が必要とのことなので、ぜひホームページでチェックしてみてください。

『日本の布ができるまで』展 は2016年4月8日(金)~2016年5月29日(日)の期間、Open MUJI Tokyo(東京・有楽町)で開催しています。

日本の布ができるまで展 | 無印良品

Japaaanでは日本の布文化、とりわけ着物に関する話題を数多く取り上げています。古くから続く日本の布文化と新しいアイデアや感覚が融合した様々なプロダクトを紹介していますので是非チェックしてみてください。
着物(きもの)・和服(わふく)に関する記事

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

ついで買い必至?無印が「和風だしで食べるラーメン」の販売開始
とってもキュート!東京の魅力を69のアイコンで表現し、有田焼のアイテムになった!
ステキな街だ!モダンな街へと変わりゆく1958年の日本をフランス人写真家のカメラがとらえた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP