体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラーメンにタコ焼きを入れる件の是非 @『最強ラーメンFes,』町田

kinsei011_R

第二陣も最終日を迎えた『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』で御座います。いよいよイベントも折り返し地点と言うことで、どんな感じか気になる人は多いと思いますが、あえて言おう!

「女子は今こそ、最強ラーメンFes,で食べるべきである!」

若干、一人でラーメン屋さんに入りにくいと言う人は少なくないと思いますが、フェス的な感じの『最強ラーメンFes,』では行列に一人で並んでいても目立ちません。

しかも!

みんな自分の好きなラーメンの行列に並ぶので、一人で食べていても

「連れは行列に並んで居るのかな?」

くらいにしか思われないので、例えボッチでラーメンを食べに行ったとしても、誰もボッチと気付かないメリットがあります。

というわけで、この機会に思う存分、好きなラーメンを気兼ねなく食べたら良いんじゃないかと思った筆者です。

『彩色ラーメンきんせい』

kinsei019_R

『きんせい』と『中村商店』の2大ブランドで9店舗を仕切る、関西ラーメン界のカリスマが『最強ラーメンFes,』に来ています。

kinsei000_R

ぶっちゃけ大阪にはチョイチョイ行く筆者ですし、大阪大好きな筆者ですが、正直なところ大阪ではラーメンは食べません。

他に食べたいものが多過ぎるとか色々な理由がありますが、あまり筆者の味覚に難波周辺のラーメンが合わないのも理由のひとつで御座います。

『なにわの黄金塩ラーメン』を食す!

kinsei012_R

何はともあれ『なにわの黄金塩ラーメン』を食べてみることにしましょう。

kinsei015_R

ビジュアル的には、極々普通の繊細な淡麗系ラーメンを彷彿させますね。デフォルトで味玉とチャーシュー2枚は豪華なラーメンと言えるでしょうか?

kinsei013_R

今回の第二陣は“あっさり”と“コッテリ”に”混ぜそば系”が加わり、選択肢が多いので悩むところですが、その中でも関西から来た『なにわの黄金塩ラーメン』は気になる存在です。

麺は平打ちストレート麺である

kinsei016_R

淡麗系の塩ラーメンと言えば細麺が定番ですが、この『なにわの黄金塩ラーメン』は平打ちの麺を合わせてきました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy