ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラーメンにタコ焼きを入れる件の是非 @『最強ラーメンFes,』町田

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

第二陣も最終日を迎えた『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』で御座います。いよいよイベントも折り返し地点と言うことで、どんな感じか気になる人は多いと思いますが、あえて言おう!

「女子は今こそ、最強ラーメンFes,で食べるべきである!」

若干、一人でラーメン屋さんに入りにくいと言う人は少なくないと思いますが、フェス的な感じの『最強ラーメンFes,』では行列に一人で並んでいても目立ちません。

しかも!

みんな自分の好きなラーメンの行列に並ぶので、一人で食べていても

「連れは行列に並んで居るのかな?」

くらいにしか思われないので、例えボッチでラーメンを食べに行ったとしても、誰もボッチと気付かないメリットがあります。

というわけで、この機会に思う存分、好きなラーメンを気兼ねなく食べたら良いんじゃないかと思った筆者です。

『彩色ラーメンきんせい』

『きんせい』と『中村商店』の2大ブランドで9店舗を仕切る、関西ラーメン界のカリスマが『最強ラーメンFes,』に来ています。

ぶっちゃけ大阪にはチョイチョイ行く筆者ですし、大阪大好きな筆者ですが、正直なところ大阪ではラーメンは食べません。

他に食べたいものが多過ぎるとか色々な理由がありますが、あまり筆者の味覚に難波周辺のラーメンが合わないのも理由のひとつで御座います。

『なにわの黄金塩ラーメン』を食す!

何はともあれ『なにわの黄金塩ラーメン』を食べてみることにしましょう。

ビジュアル的には、極々普通の繊細な淡麗系ラーメンを彷彿させますね。デフォルトで味玉とチャーシュー2枚は豪華なラーメンと言えるでしょうか?

今回の第二陣は“あっさり”と“コッテリ”に”混ぜそば系”が加わり、選択肢が多いので悩むところですが、その中でも関西から来た『なにわの黄金塩ラーメン』は気になる存在です。

麺は平打ちストレート麺である

淡麗系の塩ラーメンと言えば細麺が定番ですが、この『なにわの黄金塩ラーメン』は平打ちの麺を合わせてきました。

麺自体にさして語る要素は見当たりませんが、うどん等の麺類に関しては五月蠅い大阪ですので、何かしらの意図があっての平打ち麺かと思われます。

豚バラ肉のチャーシューが美味しい

最近は鶏チャーシューを出す店も少なくありませんが、やはりチャーシューのイメージは豚バラ肉で御座います。

適度な脂身が挟まれた豚バラ肉は、やはりラーメンには必須であると言っても過言ではありません。

浪速の出汁文化を凝縮した『なにわの黄金塩ラーメン』

グラフィック的には黄金色とも呼べる繊細なスープで、非常に期待が高まるビジュアルな『なにわの黄金塩ラーメン』です。

しかし!

筆者にはピンと来なかったと言うか、正直なところ食べた瞬間の第一印象が

「薄っ!!!」

みたいなネガティブな感想だったのは否めません。ぶっちゃけ“うどん”は関西の方が美味しいと思うし、料理全般“薄味”を好む筆者ですが、この『なにわの黄金塩ラーメン』の着地地点が見出せませんでした……。

もしかしたら連食していたので、食べ合わせが悪かったとかも可能性としては濃厚だし、人によって好みは千差万別なので筆者に合わなかっただけですが、結果としては以上です。

ラーメンに“タコ焼き”を入れる是非

筆者は今回、ノートッピングを貫くので“タコ焼き”トッピングを試せませんでしたが、ちょっと気になるアイテムではありますね。

多くの店がガチンコでラーメンを追求する中、このような遊び心を忘れない余裕は大事かもしれません。

筆者的には本当に美味しいラーメンを食べさせようと思うなら、タコ焼きが入る余地は1㎜も無いと思うのですが、小さな子供であれば喜ぶだろうし、写メ的にもウケると思うので『最強ラーメンFes,』と言う“お祭り”であれば、このタコ焼きもひとつの正解かと存じます。

また、おでんにシュウマイを入れる大阪ですので、割と本気でタコ焼きを入れたらラーメンが美味しくなると考えている可能性も否定出来ません。

この様な食文化の違いを同じ場所で体験出来る『最強ラーメンFes,』は、様々な意味で訪れた人の“経験値”を上げてくれる貴重なイベントだと思った筆者で御座います。

『なにわの黄金塩ラーメン』 総評

人が10人集まれば10の個性があり、ラーメン屋さんも10店集まれば10の個性があります。

全ての店と相性が合うかと言えば、それまた人によってですが全てのラーメンにマッチングすると言う人は希かと存じます。

ぶっちゃけ、全てのラーメンを“美味しい”と書いているようなライターであれば、それは仕事としてのビジネスレビューでしかなく、食べる側にとっては、なんの参考にもならないでしょう。

と、言う訳で今回は筆者の好みが『なにわの黄金塩ラーメン』にマッチしなかっただけであり、関西ではブレイクした『彩色ラーメンきんせい』の美味しさは間違いないと思われます。

また筆者は“デフォ縛り”なので一切のトッピングを封印していますが、この『なにわの黄金塩ラーメン』に“タコ焼き”トッピングをしたら激旨になる可能性もゼロ%ではないので、気になる人は試してみてはいかがでしょうか?

それでは、是非みなさんも『なにわの黄金塩ラーメン』を試してみて下さい。

『最強ラーメンFes,』公式サイト
http://dai-tsukemen-haku.com/ [リンク]

『最強ラーメンFes,』会場、『町田シバヒロ』地図

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP