体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南仏土産の定番「マルセイユ石鹸」の魅力を探る、石鹸工場見学の旅

ハーブや花々など、自然に恵まれたプロバンス地方。南東部の湾岸都市「マルセイユ」は古くから石鹸作りに定評があります。それでは早速、マルセイユ石鹸の魅力を探る旅に出かけてみましょう。

南仏土産の定番「マルセイユ石鹸」の魅力を探る、石鹸工場見学の旅
(C) label-savon-de-marseille

もともとは中東の石鹸作りがモデル? マルセイユ石鹸小話

マルセイユで石鹸作りが盛んになったのは16世紀のこと。十字軍が遠征先の中東から戻ってきた際に、中東で作られていた上質な石鹸を現地の素材を使って再現しようとしたことや、プロバンス地方はオリーブオイルやカマルグ産の塩、炭酸ソーダといった良質な石鹸の原料の産地だったことから、石鹸作りが盛んになったそうです。石鹸工場がまず最初に作られたのがマルセイユだったこともあり、マルセイユ石鹸の名が広がることに。

南仏土産の定番「マルセイユ石鹸」の魅力を探る、石鹸工場見学の旅
(C) sweetsholic

マルセイユ石鹸のクオリティを保つために、17世紀に入ると使うオイルやソーダの種類などが定められましたが、何度か変更が繰り返され、現在はマルセイユ石鹸の老舗4社で結成している組合により「オリーブオイルなどの植物性オイルを72%配合」「防腐剤や添加物、香料不使用」「形はキューブ状、直方体、楕円形、フレーク状」「緑色またはベージュ」さらに5つの工程から成る石鹸作りの製法も定められています。余計なものを一切含まないから、とてもナチュラルで肌に優しい石鹸なのです。

それでは早速、工場を見学してみましょう!

センスのよいグラフィティが目を引く、マルセイユ市内の「ジュリエン(Julien)」地区の「Savonnerie Marseillaise de la Licorne」という工場併設の石鹸ショップを訪れてみました。このショップでは定休日を除く毎日11時・15時・16時の3回、一般客を併設の工場を見学させてくれるサービスを行っています。予約の必要がないので、ジュリエン周辺をまわった際に気軽に訪れられるのも魅力。

南仏土産の定番「マルセイユ石鹸」の魅力を探る、石鹸工場見学の旅
(C) sweetsholic

100年以上前から使われているという機械を使い、不純物を取り除いて作った石鹸のもとを成形する工程を見学しました。手のひらサイズの塊だった石鹸のもとが、白いシート状に!

南仏土産の定番「マルセイユ石鹸」の魅力を探る、石鹸工場見学の旅
(C) sweetsholic

続いて精油を使った香料を混ぜ合わせていきます。見学した当日は、香料を使ったマルセイユ石鹸の製造をしていました。

南仏土産の定番「マルセイユ石鹸」の魅力を探る、石鹸工場見学の旅
(C) sweetsholic

機械にかけて再びシート状に。

南仏土産の定番「マルセイユ石鹸」の魅力を探る、石鹸工場見学の旅
(C) sweetsholic

これを最終的に石鹸を形作る大きな機械にかけて、チューブ状の形に。扱える硬さになったら切り分け、72%の刻印を押して完成! 石鹸作りはの作業はすべて、職人さんたちが手作業で行っていました。

南仏土産の定番「マルセイユ石鹸」の魅力を探る、石鹸工場見学の旅
(C) sweetsholic

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会