体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ロックは生き物、俺たちと同じ”シーナ&ロケッツとサンハウス、4時間にわたりシーナに捧げるロックンロールをプレイ―OTOTOYライヴレポ

“ロックは生き物、俺たちと同じ”シーナ&ロケッツとサンハウス、4時間にわたりシーナに捧げるロックンロールをプレイ―OTOTOYライヴレポ

2016年4月6日(水)と7日(木)の2日間、東京・下北沢GARDENにて〈鮎川誠 Presents 『シーナの日』# 2 ~シーナに捧げるロックンロールの夜~〉がシーナ&ロケッツとサンハウスの出演で行われた。

OTOTOY ライヴ・レポートでは、4時間にわたり行われた7日(木)の模様をお届けする。

2015年2月14日に61歳で亡くなったシーナさんに捧げるライヴとして昨年の同日にも開催されたこのイベント。今回はシーナ&ロケッツとサンハウスが出演して行われた。開演前、スクリーンにシーナ&ロケッツの数々のライヴシーンが映し出され、2014年9月13日に行われた35周年記念の野音ライヴでの「レモンティー」、「You May Dream」などが流された後スクリーンが上がり、シーナ&ロケッツがステージに登場。鮎川誠(Gt)、奈良敏博(Ba)川嶋一秀(Dr)が全員サングラス姿の3人は「Batman’s Theme」からスタート。フロアは年季の入ったロック・ファンでギッシリ埋まっている。そういえば、会場入り口のスモーカーの多さが久しぶりにロックなライヴに来た感覚にさせてくれた。2曲目「Virus Capsul」では奈良が弾く直線的なビートに鮎川のギターが延々とブルージーなフレーズを乗せていく。

「今日はシーナの日にようこそ!『シーナの日』は去年シーナがこの世を去って、2ヶ月後にたくさんの仲間が来てくれて追悼ライヴをしてくれました。今年は2daysやります。シーナが大好きだった下北沢で、シーナが大好きだったサンハウスが福岡から来てます。みんなロックしようぜ!」との鮎川のMCに、みんなこの日を待ちわびていたと言わんばかりに大歓声が上がる。

メンバー紹介から、「平均年齢が下がってありがたい(笑)」と、鮎川家の三女ルーシー・ミラーが呼び込まれ、革ジャン姿でステージへ上がりボーカルとして加わると、モータウン調の「Sweet Inspiration」でボーカルをとる。サビで観客にコーラスを求め、一気にステージが華やいだ。「Happy House」から、ギターのハウリングから豪快に疾走する「Pillow Talk」へ。中央で肩を並べてプレイする鮎川とルーシー。金髪の長い髪をなびかせながら歌うルーシーに、多くの観客がシーナの姿を重ねて観ていたのではないだろうか。「シーナの曲をいっぱい聴いて下さい! 最高の曲がいっぱいあるので!」とルーシー。

「クリス・スペディングがゲストで参加した曲、ポイズン!」と曲を紹介、鮎川がスライドギターを聴かせ、「Train Train」と続く。鮎川曰く、「47都道府県はシーナ都道府県(笑)」というほど全国を一緒に周ってきたというシーナにとって最後のアルバム『ROKKET RIDE』から表題曲、「ROKKET RIDE」をプレイ。ライヴ後半は「Lazy Crazy Blues」から、コール&レスポンスを挟み「レモンティー」が飛び出すと、ひと際フロアが盛り上がる。タンバリン片手にシーナそのもののアクションを魅せるルーシーに手を上げて応える観客たち。こうして鮎川夫妻の娘が中央でボーカルを取っているという事実は良く考えたらものすごいことだ。ルーシーは気合の入った歌声で見事に大役を果たしている。

「シーナに捧げるロックンロールショー、みんなありがとう! ロックは生き物、俺たちと同じ。シーナがいつも言いよった“いつも夢を忘れないで”って。そんなシーナのフェイバリットを聴いて下さい!」との鮎川のMCから「You May Dream」へ。客席にマイクを向けて合唱を促すルーシー。キュートなメロディと骨太なギターロック・サウンドが融合した名曲だ。ラストはデビュー曲「涙のハイウェイ」を歌い終え、「サンキュー、シーナ!」とステージを降りた。

続いて、スクリーンに映し出された映像の中でシーナに呼び込まれ、サンハウスがステージへ上がった。タバコをくわえて登場した菊(Vo)と再びステージに登場した鮎川と奈良。そして篠山哲雄(Gt)、鬼平(Dr)が演奏を務める。1975年のアルバム『有頂天』でメジャー・デビューしたメンバーたちだ。くわえタバコのままギターを弾いている鮎川、じつに絵になる。オープニング曲は「King Snake Blues」。間奏でマイクスタンドを男性シンボルに見立てて妖しいアクションを魅せる菊。『有頂天』のジャケットを連想させるシーンだ。続いて「爆弾」へ。独特の迫力を持った歌声と、派手なビジュアル、何か見てはいけないものを見ているようなハラハラドキドキ感がある。そしてその反面、激しい音の渦の中でもハッキリと歌詞が聴き取れる明瞭なボーカルで観客を惹きつけて行く。

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy