ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮本武蔵の刀も!平安時代〜現代までの日本刀の名刀を間近で鑑賞「ザ★刀剣 千年の匠の技と美」開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ちかごろ、日本刀への関心が高い「刀剣女子」が増殖中。東京富士美術館が所蔵する名品が公開されている展覧会「ザ★刀剣 ─ 千年の匠の技と美」。1000年以上の伝統を持つ日本独自の美である日本刀を、平安時代から現代までの名品の中から約40口の所蔵刀剣の中からご紹介する、本格的な刀剣展です。

平安時代後期、名工・伯耆国安綱の時代に完成されたという日本刀独自の姿。峰よりに鎬をつけた鎬造(しのぎづくり)と緩やかな反りを持ちます。同展では、刀身を間近に鑑賞できる工夫をこらした展示で、刃文の美しさを鑑賞するとともに、刀装具や武具甲冑、屏風や絵巻、浮世絵などの合戦絵・武者絵等の絵画、書跡などもあわせて展示。刀剣の美しさの魅力をわかりやすく楽しめる構成になっています。

これまでにない至近距離で刀を鑑賞できる大チャンス到来。

みどころは特別出品の宮本武蔵所持とも伝えられる「名物武蔵政宗」、徳川家に仇をなす妖刀村正伝説で知られる「村正」、新選組・土方歳三の愛刀と伝わる「康継」。他にも初公開の「太刀 則房(片山一文字)」、「短刀 無銘 行光」重要文化財の「太刀 有綱(古伯耆)」、吹返しに六文銭がつく真田家ゆかりの兜「早乙女家親〈鉄錆地六十二間筋兜〉」などなど。

開催期間中はイベントも盛り沢山。歴史芸人と学芸員によるスペシャルギャラリートーク、ダンボールを組み立てて甲冑を作るワークショップ、甲冑試着体験・記念撮影会、刀剣の取り扱いマナーを学び、実際に刀剣を手に持てる「触れる☆刀剣特別鑑賞会」。どのイベントも刀剣好きはもちろんのこと、これまで刀剣に円のなかった方や、こどもでも楽しめそうです。

ザ★刀剣 ─ 千年の匠の技と美
会場:東京富士美術館 本館・企画展示室1〜4
開催期間:2016年3月29日 (火) ~ 7月3日 (日)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館。翌日火曜日が振替休館)
開館時間:10:00〜17:00(受付16:30)
入場料金:大人¥800(¥700) 大高生¥500(¥400) 中小生¥200(¥100)未就学児無料 ( )内は各種割引料金
※誕生日当日にご来館された方は無料
開催中の展覧会 | 東京富士美術館
東京富士美術館|Facebook

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

今すぐ行きたい!ジブリ作品の世界が夢のテーマパークに?「東京ジブリーランド」
人気の名宝いっぱい!日本の宝物がぎっしり詰まった「美の国 日本」展が開催だ
斜め上すぎる!歴史的価値あるニセモノ?をなんと約300点も展示する「大ニセモノ博覧会」開催!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP