ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【タカラトミー商談会】液晶テレビにつないで遊べるガンコントローラー一体型ゲーム機『キューインガン』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


7~9月に発売される新製品が発表された『タカラトミー商談会』で、7月に発売されるガンコントローラー一体型ゲーム機『キューインガン』が出展されました。液晶テレビでは初めて、テレビに直接つないで遊べるガンコントローラーです。


ビデオケーブルをテレビに接続して使用可能。ゲーム中で吸引操作ができる“キューインレバー”とトリガーを操作してガンシューティングが楽しめます。



銃口にはカメラを搭載。画面の縁にあるパターンや画面に表示したオブジェクトを認識することにより、銃を向けた位置を検出できます。従来のテレビに接続するガンコントローラーは、画面の走査線とガン本体のフォトダイオードにより位置を検出するため、ブラウン管方式のテレビでしか利用できませんでした。



レバーを引いて画面四隅に表示された“キューイン弾”を吸引することによりパワーアップしたり、カメラで撮影した画像を使ってオリジナルの“キューイン弾”を作成可能。ストーリーモードで集めたコインでガチャを回すことで、全80種類以上の“キューイン弾”を集めることができます。

昭和世代には懐かしい“ガンコン”、あるいは“光線銃”ですが、今の子供たちには新鮮に映るかもしれません。本体をテレビにつなぐだけという気軽さも魅力。夏休みの旅行などで活躍しそうです。『キューインガン』は7月に発売予定。価格は7500円(税別)です。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。