体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜野毛の有名店、あの「珍獣屋」にチョー初心者がおそるおそる行ってみました

f:id:Meshi2_Writer:20151129031759j:plain

インパクトありまくりな珍獣メニューが続々と……

横浜の飲兵衛パラダイス、野毛にやってきました!

桜木町駅と日ノ出町駅の中間に位置するこのエリアは昭和テイストの残る歓楽街のようなスポット。

f:id:Meshi2_Writer:20151129010338j:plain

過去に何度か友人ミュージシャンとハシゴ酒を楽しんだ事があるんですがその頃から気になっていた看板があって 。

そうそう、それがこの看板。

f:id:Meshi2_Writer:20151129031759j:plain

メニューに並ぶインパクト溢れる料理の数々、めちゃくちゃ興味津々でしょ? 今回訪問するのは店名で既に何が食べれるか想像が付く”珍獣屋”さんです。

実はこのお店、界隈ではかなりの有名店で、遠方からのお客さんも多いとのこと。珍獣はおろか、ジビエ系にも明るくないビギナーにはちょっとハードルが高そうですが、メシ通の読者にはきっと響くはず!期待と不安とドキドキを胸におそるおそる店内へ入ってみましょう。

入店後はカウンターに案内されて着席。

f:id:Meshi2_Writer:20151129010514j:plain

店内は雰囲気のよい飲み屋という感じです。

まずは手渡されたメニューをチェックしてみましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20151129031824j:plain

おぉ!

f:id:Meshi2_Writer:20151129031841j:plain

す、すげえ……

“珍獣屋”という店名から勝手にイメージしていた食材を遥かに超えている。しかも表の看板よりコアなメニューも満載ではないですか。とはいえこちらはビギナーなので、お手柔らかに。

砂漠&ジャングルの“珍獣”を初物食い!

まずは前菜的になるものを食べて心を落ち着けよう。このお店、私の大好きなパクチーを使ったサラダがある。しかも”山形産”と明記してるのが嬉しいですね。さっそく注文!

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy