ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横浜野毛の有名店、あの「珍獣屋」にチョー初心者がおそるおそる行ってみました

DATE:
  • ガジェット通信を≫


インパクトありまくりな珍獣メニューが続々と……

横浜の飲兵衛パラダイス、野毛にやってきました!

桜木町駅と日ノ出町駅の中間に位置するこのエリアは昭和テイストの残る歓楽街のようなスポット。

過去に何度か友人ミュージシャンとハシゴ酒を楽しんだ事があるんですがその頃から気になっていた看板があって 。

そうそう、それがこの看板。

メニューに並ぶインパクト溢れる料理の数々、めちゃくちゃ興味津々でしょ? 今回訪問するのは店名で既に何が食べれるか想像が付く”珍獣屋”さんです。

実はこのお店、界隈ではかなりの有名店で、遠方からのお客さんも多いとのこと。珍獣はおろか、ジビエ系にも明るくないビギナーにはちょっとハードルが高そうですが、メシ通の読者にはきっと響くはず!期待と不安とドキドキを胸におそるおそる店内へ入ってみましょう。

入店後はカウンターに案内されて着席。

店内は雰囲気のよい飲み屋という感じです。

まずは手渡されたメニューをチェックしてみましょう。

おぉ!

す、すげえ……

“珍獣屋”という店名から勝手にイメージしていた食材を遥かに超えている。しかも表の看板よりコアなメニューも満載ではないですか。とはいえこちらはビギナーなので、お手柔らかに。

砂漠&ジャングルの“珍獣”を初物食い!

まずは前菜的になるものを食べて心を落ち着けよう。このお店、私の大好きなパクチーを使ったサラダがある。しかも”山形産”と明記してるのが嬉しいですね。さっそく注文!

山形産パクチーを使ったサラダ(780円)

よし、好物のパクチーを食べて心の準備ができました。これで何が出てきても平常心で美味しくいただけるでしょう。

次に運ばれてきたのがタルタルソースがかかったハンバーグステーキ。

さっそく一口。かなり歯ごたえのある肉でクミン系スパイスが香ります。牛でも豚でもない、独特のケモノ感ある味わい。

さて問題です。この肉は何でしょうか……?

正解はこちら。

ラクダ

キャメルですよ、キャメル。人生初のキャメル食いです。ちなみに料理名はラクダのタルタルステーキ(1,480円)。

続いて運ばれてきたのが魚介の刺身ですね。食べてみましょう。

ん、さっぱりした鯵のような。ポン酢ベースのタレが既にかかってます。や、普通においしいですよ、これは。好印象なシーフードです。

さてこの魚は……?

ピラニア!

シーフードじゃなくてリバーフードでしたか。今回は刺身(1,480円)でいただきましたが、丸揚げで提供することもあるそうです。非常に美味な刺身だったのでだいぶ心が落ち着いてきました。

姿クッキリの丸ごと系料理はプチサイズのごちそう

さて次は、ちょっと小さい焼鳥といった外見。焼き鳥屋でたまにスズメを出すお店がありますよね。スズメって結構美味しいんですよね。

頭からパクっと一口。うん、美味い。美味。塩もほどよく効いていてパリパリと音を立てながら完食しました。

で、この鳥は……?

ヒヨコ

ヒ、ヒヨコの塩焼きですか。そら美味ですわ!ある意味、鳥の丸焼きですからね。プチサイズのごちそうです。料理名はヒヨコ丸ごと姿焼き(2匹、1,280円)。

さてここで壁に貼ってある黒板のメニューに目を移してみましょうか。

ヒグマ鍋、ウミガメ鍋……。そういえば以前、沖縄・那覇の某居酒屋でウミガメフルコースを食したことがあるんですが鍋はまだ未体験。スッポン鍋的な鍋なのかな?

なんて考えてると、次の料理がいいタイミングで運ばれてきましたね。これも丸ごとパクッ。モグモグです。

そう、これは仔スッポンの丸揚げ(1,680円)です。来店する女子にも大人気のメニューとのことで、かわいいルックスに目が釘付けです。

味はスッポン感全開!とまでは感じませんでしたが、どちらかというと味より歯応えを楽しむメニューといったところでしょうか。珍味中の珍味ですね。

シメはジビエでおなじみの食材 を使ったハヤシライス

そろそろシメでも頼みましょうか。お、ハヤシライスを発見!即、注文。

具は肉以外にモツ類がたくさん入っていて、深みのある味わいのハヤシライスソースになってました。

食べ応えも十分のこのハヤシライスは……

はい、ウサギのハヤシライス(1,280円)でした。

ジビエ料理ではもうおなじみの食材ですね。すっかり満腹&満足です。

今回いただいた食材を改めて振り返ってみると、ラクダ、ピラニア以外は比較的ポピュラーな食材でした。次回はさらにいろんな料理にトライしてみたいと思います。

ちなみに、今回うかがったときはウーパールーパーの在庫がなかったんですが、次回はトライしてみたいと思います。


お店情報

珍獣屋

住所:〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町1-45港興産ビル3号館2F

電話番号:045-260-6805

営業時間:月〜木曜、日曜、祝日17:00~21:00(LO.20:30) 金曜、土曜、祝前日17:00~23:00(LO.22:30)

定休日:不定休

ウェブサイト:http://www.chinjuya.jp/


書いた人:

DJ SASA

ミュージシャン、DJ歴25年。スカ、ロックステディ、レゲエ、カリプソ、ハワイアン、沖縄音楽など、アイランドミュージックのプレイを得意とする。2003年からCD企画制作を開始し、80枚以上のCDを企画・制作・監修。2012年には沖縄県渡嘉敷村観光大使に任命されている。 リリース作品:『DJ SASA presents泡盛大全集〜島気分〜』 KING RECORDS OFFICIAL SITE:DJ SASA with THE ISLANDERS

DJ SASAさんの記事

関連記事リンク(外部サイト)

隠れベストセラー『暗渠マニアック!』著者と行く、東京暗渠飲み【渋谷編】
自家製にこだわる隠れ家カフェ 「2-3 Cafe」オーナー 小林敦司さん【男の野球メシ #05】
【タベアルキスト】『山形食べる通信』大蔵村の最上鴨(もがみがも)~食べる通信を食べてみる 2食目!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP